2016年10月28日

色々とんでもない

日本シリーズ、客観性がやや欠けるにしても凄いことになってます。

「内弁慶シリーズ」って言うとなんか弱っちい感じですが、ここまで互いにホームで全勝。日ハム、機能いつの間にかサヨナラ満塁ホームランってなんなんだよ、見てねえよ。

と思ったら、昨日別で飲んでいた先輩が「2次会の店で(リアルタイムで)見た」というメールをくれました。羨ましすぎるうう!!私は参加できず。。。(泣)

その先輩も「他のチームのファンだけど今年は興味津々」と言っているように、なんか神がかってきてます。その神は普通なら広島に降りるんだけど、札幌では日ハムに降りました。本当に出来すぎ。
マツダスタジアムじゃあ全然かなわない感じだったのに。


これで王手です。3勝2敗になったチームは日本一確率80パーセントとか見かけますが、全く無関係ですよ。正直、これからまたあの真っ赤な燃えさかる球場に行くと思うと、サヨナラ満塁の勢いすら通用しないんじゃないかと気が気じゃないです。


その先輩が「第7戦までもつれて、日ハムが逆転して最後は大谷が165qで3者連続三振、というのが本当に有り得ると思えてしまう」と書いてきました。その逆パターンで最後は黒田が三者三振で広島優勝でもすごいラストになりますな。ここまで来たら、どっちが日本一になっても素晴らしい!(本音だよ)


追記

今、朝に撮ったNHKのスポーツニュースを見て驚き。なんと、市川と中島をメインに取り上げている。しかも2打席。
市川は両方とも犠打。中島は、きれいなヒットと足を生かした内野安打。それが見事に得点になっている。特に最初の方は、ジョンソンから代わった今村から同点をもぎ取る田中のスライディングが成り立つために、この2人の見事な「仕事」が効いたと特筆。最後は9回を演出した2人と言うことで「脇役の活躍」をおおいに取り上げている。確かに9回の市川のバントは大舞台で実に見事なバントだ。

しかし、こんなコアなネタを「おはよう日本」で中心に取り上げるかNHK?

やっぱり今のテレビの最高レベルは、NHK対テレ東だな。
posted by harukuni at 20:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

南半球のカベルネ対決

先週末東急は南半球のワイン。お客さんに「大雑把すぎませんか?」」と言われてました。確かにそうですが、そうでも言わないと、南アフリカや南米各国は出せないんです、と師匠の言葉。こっちも「確かに」。

ルーシーマルゴーのワインは依然として大人気。禍々しいラベルのヴィラージュ・オブ・ティアーズ、2本目が出て来たので飲みましたが、私の好みじゃないタイプです。

20161027_02.jpg


この日最大の好みはこちら。私が最初になった、最も人気が無かったチリのアルマヴィーヴァ2012と、もう一つは知っている人には超有名な南アフリカのブーケンハーツクルーフ、カベルネ・ソーヴィニョン2014です。

20161027_01.jpg


ブーケン(長いから略)はまだ珍しく、希少品なのでこの日も人気でしたが(減っている量、判るでしょうか)アルマヴィーヴァは値段が高いこともあって私が最初状態でした。でも、飲んでみて「美味しい!!」

ブーケンはちょっとCSと思えない滑らかさ、瑞々しさが特徴ですが一方のアルマヴィーヴァはチョコレート、コーヒーの風味にきれいな甘みがいかにも新世界のカベルネ。そのものすごくバランスの良いもの。

ボトル値段、ブーケンは8500円ほど、アルマヴィーヴァは聞き忘れましたが2万円台前〜中盤でしょう。どちらか1本買うというとブーケンになってしまいますが、どちらか1本あげると言われたら、これは迷いますよ。

機会があれば、どちらも飲まなければ勿体ないワインだと思います。
posted by harukuni at 21:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

たった7分

本来なら日本シリーズの結果でハッピーになるんだけど、その前のニュースが愕然すぎる。

東北大震災の大川小学校の避難について、仙台地裁は学校の過失を認め、賠償を命じたそうだ。

何が過失だったかというと、

「津波襲来や高台避難を呼びかける広報車が校舎前を午後3時半ごろに通り、7分後に実際に津波が襲った」ので、「その後、北上川の橋のたもとにある標高約7メートルの「三角地帯」と呼ばれる高台に向かう途中に」津波にのまれたから、高台に避難しなかった責任が学校にあるんだそうだ。

ちなみに、一緒に付き添った教員もみんな(一人だけ助かったか)津波にのまれて死んでいる。
「裏山への避難を決断すべきだった」から、過失なんだそうだ。

7分で?大地震が起きて教員自体が大動揺しているのに?そこで三角地帯か裏山か「適切な判断」しなかったから責任があるんだって???
それは、判断して死んだ教員に責任が有るんだって言ってるんだよな?その場で判断を間違えたから子供を殺したって言ってるんだよな??自分も死んじゃってるのに、それに子供100人以上の命という山のように重い責任を乗っけてるんだよな???

そういう場合もあるだろう。責任を負う立場の人間は、結果責任を問われることもある。で、その一例なのかね?

訴えた「親」にも裁判官殿にも聞く。あんた達は、震度7の超大地震直後の、広報車が通った(聞こえていたかすら定かでない)たった7分間で、100人を超える子供を誘導する「適切な判断」が絶対に可能なんだね?自分の命も掛かっている判断が、間違わないって言えるんだね?


私の見ている(上記引用は全て同じ)毎日新聞のサイトの見出しはこうだ。

「7分前に危険性予見」学校の過失を認定

自分の立場のせいだろうがやや判決に批判的に感じる。

私は7分くらいの間にろくな情報も無い状態で重大判断をせざるを得なかった体験が何回かあるから判決に非常に怒りを覚える。間違えたから、それは極悪なことなのか?死骸に石を投げつけられるようなことなのか?判決が出たから言うが、訴えた親にも怒りを感じる。先生を同じ人間だと思ってますか?

教員のご遺族は、どういう思いになるんだろうか。

普通の方の感覚は、どうなんだろう。私がおかしいんだろうか。
posted by harukuni at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

見事な赤スパークリング

飲んだのは夏ですが、ロワール特集の時にまだまだ珍しい赤のスパークリングを飲みました。
作っているのはロワール大手のラングロワ・シャトー(Langlois-Chateau)。昔なじみの名前で、私の印象ではマルク・ブレディフ(Marc Bredif)と並ぶロワールの優良中堅メーカーです。ブレディフがヴーヴレを拠点に中流域を得意とするのに対し、ラングロワ・シャトーはスパークリング(クレマン)で有名という、これも勝手な印象があります。
両社に共通するのは、最高級までは行かなくても、地域の特徴をしっかりと出したワインを真っ当な価格で安定して供給してくれる優良メーカーというイメージです。

この時飲んだのは、ラングロワ・シャトーお得意のスパークリングで、かつ赤(なので「クレマン」にはならない)のカルマン・ドライです。

20161020_01.jpg


一杯の値段は忘れてしまいましたが、ボトル2,500円位のようなので400円辺りだったんじゃないかと思います。

色はこんな感じ。

20161020_02.jpg


わざわざ写真に撮りたくなるほど、しっかりと濃いめの赤ワインの色。その時も聞いたのですが、今調べ直したらカベルネ・フラン90%、グロロー10%と言うことなので納得の色合いです。

こういう色の濃い赤のスパークリング、オーストラリアのシラーズとか有りますが大抵良い印象じゃなかった。爽やかさが出ないと思います。酸が不足する印象がある上に、赤ワインの味の構成要素はやっぱり爽やかさを阻害すると思います。特に、色が濃いとか、アルコールが強い品種は。だからピノ・ノワールからロゼを作ると合うんですよね。

しかし。この赤泡はしっかりカベルネ・フランの味がしながらちゃんと美味しいんですよ。赤ワインのコクも程よくありながら、白に感じる爽やかさもちゃんとある。香りは黒系のベリーですが味はフレッシュ。幾分か甘いですがうまく円やかさを演出しています。

ロゼ向きのグロロー(ロゼ・ダンジューってほとんど見なくなったなあ)がうまくはまっているのか、カベルネを早摘みしているのか。でもロワールのフランの青み無いですよこれ。本当に不思議。

何か特殊な粉を・・・(妄想禁止)

今頃ネットを調べても売ってませんが、冬でも良いと思いますよ。次見つけたら買おうっと。
posted by harukuni at 22:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

ファイターズ日本シリーズへ!




で、なんで昨日書かなかったというと、

デーゲームだって知らなかったんだよ(泣)

夕方にネットを見たらさらっと「日本ハム日本シリーズ進出」。は?と思って検索しても前日のソフバン勝ちの情報が前に出て来たりするし。混乱するわ。

しかし結果は今年のペナントシリーズみたい。広島は圧倒的に勝ち、日ハムはソフバンと競ってしかも最後の試合も逆転勝ち。

で、粋な演出&絶対勝利の選択で最後が大谷。割れんばかりの大歓声の中で165qとか。

大谷って、本当に人間なの?

しかし、陰に隠れながら西武ドームのいじられ役杉谷とか岡、中島、西川(5回の守備は値千金!)とか、やっぱり目立たない位置の中継ぎバースとか、普段はスポットライトを浴びない選手が大活躍するのが日ハムですな。

そこに目立たないのがとんでもないけど中田がCSで大復活。2回のソロで雰囲気が一気に変わったそうだし。さすがは4番、やっぱり使い続けた栗山監督が偉いんじゃなかろうか。

しっかし、日本シリーズはきついなあ。広島激烈強いし、チームカラー似てる感じだし。日本一になるのは、最後の最後まで本当にわかりません。出来れば7戦までもつれ込んで欲しいな(お互い、懐厳しい同士収入が違うんで・・・)。
posted by harukuni at 18:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

ヴィーニュ・オスピス

ラベル新しくなってますが。

ギガルの、サンジョセフ、ヴィーニュ・デ・オスピスです。サン・ジョセフのくせに1万円とかします。
が、前から思っていましたがギガルの上級品で最もコスパがいい。コート・ロティの三兄弟よりはるかにパフォーマンスが良いですよ。

20161016_01.jpg


それを再確認。実に美味いですこれ。見事です。

まだいっぱい売っているので走らなくても良いと思いますが、すぐ買った方が良いです。13年は特に良いかも知れないし。
posted by harukuni at 18:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

いらないハロウィン

水道橋博士が、東京ハロウィン禁止令を提案したそうな

その理由にはおおいに共感する。下品でうるさくバカが酔っ払って騒いでいるだけ。大迷惑!半裸な女が触られて痴漢だあ?そんなんじゃ触られに来てるんだろ、と女芸人が賛同していたそうだ。バカが文句言うんじゃねえ!
山手線内で大騒ぎで盛り上がっている奴らがもう!!!電車の中だから超五月蠅、こいつら叩き出せ!と思うこと大だ(向こうの方が強そうなんだもん・・・)。

ただし。

水道橋さん、あんたポケモンGOで「他人の価値観を否定するな」って怒ってなかったっけ?

(笑)

リアルだと商業界が許さないだろうけどね。おいしい時期なんだよなあ。恵方巻と同類なんだけど、恵方巻は他人の迷惑にならないから違うよ!(由来の話を聞くと、恵方巻の方が愕然、なんですけどね。ハロウィンってすごく上品じゃん!!!)
posted by harukuni at 14:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

神仏のお導き

先日、急に休みになりました。そうなると通常は神社巡りですが、この時は本当に天気が怪しかったので、秋葉原へ買い物に行きます。
その先どうしようと思って、渋谷でみた広告を思い出しました。国立博物館で仏像の特別展をやっています。

仏教ですが、最近中世神話とかにはまってきているので仏教も切り離すことが出来なくなっています。しかも、展示は滋賀県の櫟野寺(らくやじ)一箇所の収蔵物だけを展示している。ということは、かなり濃いと言うことです。時間もあるし足を伸ばしました。

展示されている仏像は、中央の丈六の十一面観音を含め20体で、全て重要文化財。それは確かにすごい。一つの地蔵菩薩立像を見て、あれ、これもしかして神像なんじゃ、と思って解説を見たら神像かも知れないと書いてあって心中鼻高々。これは、直前に「すぐわかる日本の神像」(三橋建著、東京美術刊。ちなみに体裁はライトなガイドブックなんですが、中身の濃さは大変なもの。全国1500万の神像マニアは必携です)を読んでいたので、気付いたんですけどね。

また、そんな地味なはずの展示なのに人が一杯!仏像20体なので部屋がそれ程大きくないことはあるにしても、平日でこれほどとは驚きました。本当に世の中、変わったなあ。

じっくり眺めて、真面目に本当に面白く、興味深くて満足しましたが、チケット1,000円だとやや物足りないか。この日は特別展以外も拝観可能と言うことだったので、十六羅漢図がある部屋に向かいました。細長い部屋です。

そこを行ったり戻ったりしていたのですが、中央に丸みを帯びた黒い板だけが立てて展示されているケースがあります。なんじゃこりゃ、と思いつつ通過していたのですが、3回目に通ったときによく眺めてみると、黒地に、線刻で仏とも神ともつかない像がたくさん彫られています。

解説板を見たら、「奈良県天川村出土、西新井大師蔵」とか書かれています。「国宝」の文字も。

なにいい!!!あの、あの蔵王権現像なのかこれが!!!!

狂喜乱舞しそうになる自分を必死に押さえてじっくり眺めます。表も裏も嘗めるように眺めて、一旦離れてはまた戻り、再度離れてはまたまた戻りを繰り返しました。これも、端から見ればさぞあやしい動きだったでしょう。

これが何かというと、修験道の大中心地吉野で最も古い遺物なのです。奉納年の長保元年(1001年)の銘がはっきり読み取れます。1010年前ですよ!!その発見の経緯もまた凄くて、村山修一著「神仏習合の聖地」を引用すると、
明治三十八年五月十五日、日本橋地金問屋栗谷吉次郎寄進の札がついており、同氏が扱った地金屑の中に交じっていたのを見付け、菩提寺に寄進された事情が判明している。

奈良県吉野山の上から鉄屑を掘り出して売っぱらった奴がいて、流れて東京の日本橋に着いて、危ういところで炯眼極まりない栗谷吉次郎氏に見出され、西新井大師に寄進された物がこの国宝なんです。同書によれば、年紀が明らかなものとしては最古だそうです。(吉野の蔵王権現像としてね)
非常に印象的だったので、見てみたいなあ、と思っていたのですが。

まさか、全く偶然に見ることが出来るとは、何かのお導きとしか思えません。櫟野寺の仏像に興味を持たなければ、そしてちょっと物足りないと思って一六羅漢図を見に行かなければ、出会えなかったんですよ!(一人で興奮)

国博、中央に単独で展示するならもう少し詳しく説明付けてくれないかなあ。後から見ていた人達、明らかに「ふぅ〜〜〜ん」て感じでしたよ。入口の僧侶の木像には詳しい解説があったのに。。(単なるコンクリート建築のコルビジェが世界遺産だあ、白人中心主義のおこぼれで浮かれてんじゃねえよ!他に強調しまくるもんがあるだろうボケ共があっっっ!!・・・興奮し過ぎました)

でも良いです。とっても幸せな日になったから(満足できるお買い物も出来たしね)。
posted by harukuni at 22:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

晴天の江ノ島で

この間の日曜日、江ノ島に行きました。江島神社、江ノ島弁天は日本三大弁天の一つ。他は竹生島と厳島(神社)で、「三大云々」がたいてい諸説有りますなのに対して、三大弁天は揺るがない。珍しい話です。(抗議は受け付けません)

なので行かなくてはならない場所だったのですが、前日の天気予報が「日曜は曇り」だったので、そのまま確認しないで行ってしまったのですよ。

電車の時にやばいと思い始めてはいました。しかし、江ノ島に渡る橋で自分の確認不足を後悔することに。橋の上の人、車、水上バイクの騒音(本当にうるさい!)。堪ったもんじゃない。

早く神社へ辿り着くことだけ考えましたが江ノ島の橋のたもとには謎のスマホ覗き込み軍団がいて、その先の細い参道兼お土産物屋通りは言うまでも無い竹下通り状態。脇目も振らずにエスカーに乗って体力を温存し、辺津宮・中津宮・沖津宮を回りました。写真は修正が面倒なので載せません。勿論神社は良かったですよ。余り人が入っていませんでしたが(200円別料金)、辺津宮奉安殿の八臂弁財天(宇賀弁財天)と妙音弁財天のコンビはかなりの素晴らしさでした。十五童子の像もちゃんとあるし。
でも、勿論撮影禁止なので写真無し。

しかし!私にはもう一つ目的がありました。「群猿奉賽像庚申塔」です。

かなり大きい角柱に、多数の猿が刻まれています。裏面まで彫られています。各面9匹づつ、計36匹の猿が、実に多彩なポーズで彫られています。特に裏面。2匹の猿が担いだ天秤棒に1匹の猿がぶら下がっています。手に扇を持って踊る猿も多くて、宴会にしか見えませんがこれは「山王神の神徳に奉賽している」んだそうです。(藤沢市教育委員会の説明板)

20161006_01.jpg
20161006_03.jpg
20161006_02.jpg


確かに、御神輿のないお祭りと言われれば納得ですね。直会とかあるし。

こんな素晴らしい物が、奥津宮への通りで人がたくさん通っている岩窟通りにあるというのに、私が見ていた限り誰一人目に止めもしません。周囲はお土産物屋や食事処が立ち並んでしらすしらすしらす群生状態だし。眺望の良いところは人も集まりますが、これは一見何だか判らないんで仕方ないですかねえ。
(裏に体を押し込んで写真を撮っている自分はどう見えたのかな。気にしてらんないけど)


この先奥津宮は、辺津宮・中津宮とはかなり建物の雰囲気が違います。神社のHPを見れと本来は岩屋の御旅所なんだそうで、その為でしょうか。

20161006_05.jpg


その、奥津宮から岩屋に降りる方の鳥居。

20161006_06.jpg


笠木以外は不思議な紋に埋め尽くされています。どういう謂われなのかなあ?公式HPにも載っていませんでした。

帰りは歩いて階段を降りました。エスカー登りだけなんで当たり前ですが、ショートカットせずに一応は江島神社を周りつくしましたよ。

人出の多さは私の至らないせいなので文句を言う気はありません。後で小動(こゆるぎ)神社に行ってリフレッシュできたし。
でもさ。入口のスマホ覗き込み軍団、帰りに張り紙があって気付きました。ポケモンGOやってるんです。

迷惑になっていないのは重々承知だけども。そんだけ群がって無言でいると、はっきり言って不気味だよ。ゾンビみたい。
posted by harukuni at 21:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

好みのど真ん中発見

とあるワインショップ(東急本店じゃなくて)に入ったら、面白い物を見つけました。ボルドー、シャトー・サランソ・デュプレ(Chateau Saransot-Dupre)なんですが、白です。

サランソ・デュプレはメドックで、最近メドックでも白が増えてきていますが、メドックの中でもリストラック(Listrac-Medoc)なのです。白なのでACボルドーになります。ムーリスの隣ですが、今の所私はリストラックもムーリスも白はこれしか知りません。あ、今見たらポケットワインブックの第9版に既に白があると書いてますね。結構存在するようです(「リストラックの白の一群」って書いてるので)。

20161005_01.jpg


また、このクラシックを通り越して心配になるラベルが私の好み!シャトーの白黒写真を額縁に入れるなんて格好いいぞ!同じお店に赤もありましたが、デザインが一緒でした。

蜂蜜にほのかに青草を感じさせるボルドー白独特な香りで、味も甘やかな雰囲気で私の好みです。爽やかさもあって良いと思いますよ。ポケットワインブックにセミヨン60%と書かれていて、案の定という感じ。セミヨンが多いボルドー白の風味ですね。

全くボルドーに人気が無いこのご時世に(日本だけですが!だと思う・・・)、リストラックなんて多分ボルドーでも有数に知名度のない地区で、しかも白まで輸入してくれるとは。インポーターに感謝です。(ショップ、直営店なんですよね)

他にも入っているのかな、リストラックの白。調べなければ。

posted by harukuni at 20:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする