2010年06月02日

神社紹介12〜おめでたい千代田稲荷

東京23区には途方もない数のお稲荷様があるので、同じ名前になってしまうこともあります。その中で「千代田稲荷」という名前のお稲荷様が、今判る限り4つ有ります。


千代田というのは江戸城の美称で、全てのお稲荷様が(本当かどうかはわからないものの)江戸城にあった千代田稲荷から別れたという由緒を持ちます。


千代田区麹町5丁目、中央区日本橋小伝馬町(千代田神社と称している)、台東区台東1丁目にそれぞれあって、麹町は今はビルの谷間に沈んでしまっていますが江戸の雰囲気を伝える感じがあります。ただどれも小さく、あまり賑わっている感じがしません。


ところが、残り一ヶ所はなかなかの賑わい。入り口には提灯が飾られ、きれいな幟が立ち並び、注連縄も絵馬もたくさん掛けられていて華やか。境内もきれいに手入れされています。参詣人の多いことが窺えます。(写真は正月ですが、他の時に行っても変わりません)


20100602_01.jpg



で、その住所なのですが、「渋谷区道玄坂2-20-8」です。超がつく繁華街のど真ん中、そりゃあ賑わうはずですが、一つ欠点があるのです。


写真が撮りにくい・・・・


こうなってしまうのです。写真右側の写り込みが避けられない。


20100602_02.jpg



上の住所をネットの地図で検索してみればわかるんですが。


ラ○ホテル街のど真ん中なんだなこれが。本っ当に真ん中なんですよ


なんで、下手な方にカメラを振ると写っちゃうんですよ、男女が。カメラを持って歩くのに気を遣うしね。


稲荷神は子宝よりも商売の方の御利益という印象ですが、子孫繁栄という意味では子宝も含むと言えるでしょう。良い場所にあるというか、逆に困るのか???
タグ:稲荷 神社
posted by harukuni at 22:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151940812

この記事へのトラックバック

宮益坂から道玄坂へ
Excerpt:  あれこれ問い合わせとか打ち合わせは多いのですが、なかなか仕事にならない。  出
Weblog: においの事件簿
Tracked: 2010-12-10 13:08