2016年11月30日

ルフレーヴを飲まないルフレーヴ特集

先週のカウンターは年内最後と言うことで、ないしルフレーヴ14年入荷と言うことで、ブルゴーニュ特集でした。

ドメーヌ・ルフレーヴ、昨年アンヌ・クロード女史が亡くなり、手がけた年は14年が最後なので(だけじゃないですが)相当に品薄かつ高騰しています。東急でもバタールが59,400円、シュヴァリエに至っては72,360円。しかもなんとなんと村名ピュリニィ・モンラッシェで13,600円!!!

マダムと一緒にワインもお星様になったんだね・・・(アホ)

今回のカウンターは勿論ルフレーヴ尽くしで、しかもピュセルなどバックヴィンテージのハーフが多数入荷したので(インポーターがレストラン向けの在庫を出したんだそうです)プチ垂直も出来ました。

でも、もはやグラスでも勘弁状態。ピュセルは4,000円弱、バタールは8,000円!遂に一切飲まずじまいになりました。

でも素晴らしいワインを飲むことが出来ましたよ。オンリストのジョセフ・ドルーアン、シャサーニュ・モンラッシェ・モルジョ(マルキ・ド・ラギッシュ)の2014年と、番外編のラヴノー、シャブリのクロ(ラヴノーは「レ」を付けない)、2011です。

20161130_01.jpg
20161130_02.jpg


モルジョは、ドルーアンらしいと良いながらリリース直後でこれほどクリーム感横溢で豊かとは驚きです。
一方のラヴノー、クロが、また豊かで香ばしく、おおいに果実味を感じます。ラヴノーは固いというイメージが合ったので2011である意味ドルーアンに共通した驚き。勿論、シャブリの岩のような風味も備えていて味はモルジョとは全く違いますけどね。
どうも、ここ数年ラヴノーも豊かになってきたような気がしていますが、東急カウンターでしか飲まないので断定的なことは言えません。

なおペロ・ミノの村名ジュヴシャンも飲んで(マジはやっぱり高い・・・)、あれ、こんなに薄い旨み系のワインだったっけ?と思っていたら同席の方が全く同じ感想を言っていました。ペロ・ミノも方向は違えど味わいを変えてきているのでは無いかと思いますね。1年じゃ判りませんが。
(その点隣のドニ・モルテは変わらない印象でした)

20161130_03.jpg


ルフレーヴを外しても、十分興味深い回でした。値段も控えめに収まったし。
posted by harukuni at 21:10| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バックヴィンテージのルフレーヴのハーフは
熟成が早すぎて酸化香するものが多いようです。
手を出さなくて正解かもしれません。

ヴィオディナミの先駆者ですが、
どうも後年は熟成能力に難ありのような気がします。
SO2減らしすぎなのでは・・・
若いうちに飲む分には何の問題もないのですが・・・
Posted by もんちゃん at 2016年12月01日 16:10
>もんちゃん様

バックヴィンテージと言っても2〜3年(11年ものとか)だったので、飲んでいる人達の様子を見ていると14年物と微妙な差くらいしか無かったようですね。

しかし、確かに仰るとおり近年のルフレーヴは昔のように長持ちするか疑問の声が上がっていました。

本当に持久力が少なくなっていたのか、それを新しい超優秀(だそうですね)新オーナーが変えるのか、今後に興味をそそられます。
Posted by 晴国 at 2016年12月06日 21:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック