2017年04月20日

やっぱり一言、学芸員について

山本大臣の「学芸員はがん」発言、この人の良識と事実確認力のなさは呆れかえるしか無く、どこの担当にしろこんなのが大臣なんて恐怖ですが、とあるネットの論評が中々良いなと思いました。
学芸員ではなく文科省が癌!文化財が存亡の危機に瀕する理由」という、ダイヤモンド・オンラインの記事で筆者は窪田順生氏というノンフィクションライターの方です。

この記事に対して、私は72%くらいの賛成で、両手を挙げてはいません。やや観光開発寄りが強すぎると思われ、観光に携わらない学芸員を排除しかねないように思えるからです。

とは言え、中心である、文化財保護と観光開発がリンクする必要があるという認識は私も同じ。簡単に言えば、稼がないと維持費が出ないんですよ。文化財に直接関連する、現代において最もまっとうな稼ぎの道は、観光なんです。

近世以前に作られたほとんどの文化財は権力者が大盤振る舞いして作ったもの。建物にしろ、絵画にしろ、音楽にしろみんなそうです。中世までは王侯貴族、近世には大富豪のパトロンなしには作られなかったし維持できなかった。伊勢の遷宮は徳川幕府が復興しています。
もちろん常に大衆文化も存在します。それを探索してるのが民俗学で、私の興味ではミシャクジとか堅牢地神などがその系統。そして、そうした文化が正体不明になっているのもまた事実。庶民も文化を創ることが出来ますが、何百年にもわたって維持するのは極めて難しいんです。

しかも王侯貴族や大富豪(は居るけども)に頼ってばかりいられないのが現代民主主義社会です。文化財を守るためには守り手が自分で稼がなければいけない。全額は無理ですがね。
幸いなことに、博物館などには人目を引いて観光材料になり得る収蔵品もあれば、必死に守らないと消えてしまうような収蔵品も一緒にあります。だから、観光に向く物に大いに稼いでもらい、人目につきづらいけど貴重な物を守るのに分配する。また、うまくアピールして日の目が当たらなかった文化財を有名にする努力も是非あって欲しい。
5年前、ほとんどの神社は境内に私一人だけでした。今は他の人に会うことが珍しくなくなった。本当に変わったと思いますよ。そういう事もあるんです。「パワースポット」って言うのがムカツクのは我慢して、収益力の向上を喜ばないといけないんですよ。

それに学芸員だって世捨て人じゃ無いんです。ブラタモリには「先生」に沢山の学芸員が出ていますが、皆さん嬉々として説明し、質問に答え、自分が質問を出してすぐ正解されてがっかり(実は大喜び)してます。自分が頑張っている世界を知って欲しい、見て欲しいという気持ちはほとんどの地道な学芸員も持っていると、私は確信します。

ただ観光的な売り込みはやっぱりうまくないでしょう。慣れていないし、私にとってのパワスポみたいに不快に思ってしまうことも考えられる。そういうときに組織でフォローできればいいんじゃないでしょうか。県とかの単位で全学芸員が観光対策上手である必要は無く、何人かうまい人がいて苦手な人をフォローする。苦手な人は保護や研究に打ち込み、情報を求められたり質問されたりしたら得意分野から提供する。全員に観光マインドを求めたら、やっぱり無理・きしみが出てしまう気がします。

記事が書くように個人の努力に頼っていてはいけない。その為にまず動くべき立場であり、力があるのが文部科学省という意見に賛成です。「癌」という表現はやっぱりいかがな物かと思いますけども。
posted by harukuni at 20:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449185796

この記事へのトラックバック