2017年05月28日

卑劣な人格攻撃

議論で反対者の個人攻撃をするのは卑劣とされる。最悪なのは人格攻撃で、追い詰められた側があがくときに使う。議論の中身と無関係なことを攻撃するから卑怯だ。

それを国家の政府の、官房長官がやったのが元事務次官への「出会い系バー」だ。「地位に恋々としていた」の口撃だ。およそ民主主義国家の政府代表者のやることじゃない。日本は一気に19世紀以前の国に堕落したのだ。

すぐに言われていたことだが、たとえ出会い系バーに行っていたとして、誰がそれを読売にリークしたのか。天下り問題はあったがそれは組織、関係ない事がすぐに出てくる。明白に個人を貶めて、証言のインパクトを下げようとしたに違いない。ものすごくいやらしいやり口だ。

孫引きになるが日経が一面のコラムで政府を皮肉ったそうだ。経済主体の日経では余りないことで、「余程」だと受け取れる。民進党の野田幹事長が共謀罪と組み合わせて批判したのも決して便乗だとは思えない。安倍政権は気にくわないやつは共謀罪を使って黙らせる可能性があると、本当に思える。まだ成立してないから使えなかっただけだ。日本の警察はまともだが、「上から」言われたらやるしか無いだろう。

出会い系バーがけしからんならその人を事務次官にした政府がおかしいだろう。実務能力と個人の性癖は関係が無いし、今頃言い出すのはいよいよおかしい。攻撃されたから持ち出したとしか思えない。官僚のプライベートを見張って気にくわない奴は叩きのめす。ま、「政治主導」が良いって喜んでたマスコミも一因だと思うが。

与謝野馨氏が亡くなった。与謝野氏を代表として、この頃の自民党の人はとても立派な「保守」だったんだと思う。ウヨクじゃなかった。今頃感じて、申し訳ない気持ちで一杯だ。今の自民党は野蛮なウヨク集団に堕落してしまった。

そのウヨク関係者の発言に陛下が怒ったという毎日新聞の記事もあった(宮内庁は否定したが)。日本は本当に治安維持法の時代に戻ろうとしているように思えてならない。それが「民意」なら、一旦やってみて、その結果を民衆が感じれば良いだろうけどね。その時は、自分は山奥に避難するか、師匠ルートで海外に脱出してれば良いかな。

「諸外国」の目が気にならなきゃあ好きにすればいんじゃないの。中国はぶったたけて大喜びするだろうけどね。
posted by harukuni at 22:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック