2017年06月21日

シャブリの日

そう言えば順序が逆になっちゃいましたが、カウンターのブルゴーニュの週についてです。シャブリが中心でした。

今回シャブリを4種類飲みました。特級レクロが揃い、V.ドーヴィサ、パトリック・ビウズ、ウィリアム・フェーブル。2015年です。そして、ラヴノーは1級でモンテ・ド・トネル。ラヴノーは1年遅れるので14年です。レクロも出ていたそうですが、もちろん売り切れてました。

まずそのラヴノー、まあ例年通り固いのなんのって、

蝋封が!!!

あのさあ、蝋封使ってるのお宅だけじゃ無いから仕方ないけど、いい加減この固くて開けるとき迷惑至極な蝋は止めて貰えませんかね。粉が飛び散るったらありゃしない!まあ自宅とかなら下に新聞紙敷いて開けりゃすむことだけど、それにしても意味がわかんない。高級感出したきゃ柔らかい蝋使えば良いでしょ?柔らかい方が高かったら、その分乗せりゃあ良いじゃんかよ1本100円も違わないだろうし。

私が開けたわけじゃなし、今の値段じゃラヴノーも全く買う気がしないのでどうでもいい話なんですけどね。そもそも蝋の意味もわかんない。吹くと蝋から滲み出るんだよ?気密性もかえって低いじゃないの。

20170621_1.jpg

パッケージの文句へはさておき。ラヴノーワインも固く、何だかスモーキーなのが特徴。味わいの奥行きは確かに豊かなので長熟するだろうしさせたいです。が、皆さん「樽香が強い」と言っているのが私にはよくわからない。新樽の香りならもっとバニラだろうし、このスモーキーさは、新じゃ無いとしても樽由来かなあ?いわゆるミネラル的な要素を強く感じられます。
師匠がよく「皆さんが樽香と言ってるのは樽由来とは限りませんよ」と説明するんで、これもその例じゃ無いかと思うんだけど。。もちろん、ラヴノーも樽使ってますけどね。

レクロ3本では、ウィリアム・フェーブルが一番高いのにびっくり。ドーヴィサよりピウズが高いんだあ。私の印象だと、人気は
ピウズ<フェーヴル<ドーヴィサ<<<ラヴノー
だったので意外です。

でも確かにフェーヴルも美味。前からですよ。比較的ほぐれていて、果実味が前に出るタイプだと思います。きっちりと「岩の風味」もあるし、優美さもある。もしかして値上がりしたのならチョイ寂しい。

20170621_3.jpg

ドーヴィサ、最近師匠が「固すぎてもういらない、飲み頃になると思えないから」と断じているのが市場に影響?のわけないわな。
急いで補足すると「いらない」というのは自分では買わないという意味で、ワインとして飲む気が起きないという意味では無いですよ。さんざん待たないと美味しくならないのならラヴノーにしてしまう、と言うことでしょう。

しかし私は結構好み。寝かせて美味しくなるのを待つ気がしないのは同感ですが、シャブリの固い感じが好きなので、ラヴノーに比べると大人しいのかも知れませんがさすがに果実の奥行きも十分にあって今でも美味しいと思います。

20170621_2.jpg

そしてパトリック・ピウズ。東急では日本初入荷の頃から扱い、今でも続いています。
当初はシャブリとは思えないくらい豊かで甘い感じすらした記憶がありますが、だいぶスリム、筋肉質になってきました。私の好みに近づいてきてくれましたね。
(ピウズも蝋封ですが、固いか柔らかいか失念。今度確認・・しないだろうな)

と言うことで4者4様で全部美味しいという結論。2015年がグレート・ヴィンテージなので、シャブリには豊かすぎないかと思いましたが、良い生産者はやっぱり良いワインを作ると実感します。1級で14年なのにそれに負けないラヴノーもやっぱり凄いな。


それと、有名人ですがそれ程高騰しない(理由は明白)、ヴィレーヌのリュリイ1級グレジニー(Rully GRESIGNY)2014が出ていて、飲んだらこれもかなり美味。もっともヴィレーヌのワインの中で、なぜかこれだけ突出して高いんですが(7,000円強)確かに良いです。

20170621_5.jpg

シャロネーズだから驚くことも無いんですがきりっと引き締まって果実の豊かさが上手に調和していて、案外シャブリに近い印象。最初に飲んだので、惑わされてないですよ。
もちろんシャブリほどキンキンしないので、ピュリニィ的・・と言ってしまうとやっぱりこぢんまりしちゃいますけどね。普通の値段の買ってみよう。


赤についても一言。この週の赤は前に書いたルジェの14年ヴォーヌ・ロマネが圧倒的なんですが、ダークホースと言っては失礼ながら、ルシアン・ボワイヨのジュヴシャン1級、レ・シェルボード(Lucien Boillot G.V. Les Cherbaudes)2014が良かった。

20170621_4.jpg

意外と果実味が豊かで、厳しさを感じず柔らかいニュアンス。ちょっともっさりした印象ではありますが、柔らかくて美味しく飲めます。
安いジュヴシャンなんてこの世に存在しないのでそこそこするにしても13,000円位の筈だからかなりお値段控えめの方。
同じ年の、モンティーユ、ロティ、セラファン(それぞれ著名な1級)より、今飲むなら、美味しいと思いました。意外な発見でした。


なんだかんだ言いつつ、結局ブルゴーニュも堪能しちゃいますね。




余談。

今調べたら東急の売値、ラヴノーよりフェーヴルの方が高いじゃん!高くなったとは言え、ラヴノーはまだ良心的な方です。
とはいえそれはぬか喜び。ネットで調べたら東急の売値はとんでもなく安い。他ではあっという間につり上げられてしまうんです。師匠がよく言う「うちは安くはないけど、便乗値段は絶対付けない」の好例です。
悲しいので、もうラヴノーの値段については語らないことにします。
posted by harukuni at 21:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック