2017年07月04日

遂にここまで、docomo

全然関係ないCMの話。希に書きますが結構好きです。

携帯3社はCMではソフバンが白い犬で先行し、さすがに経年劣化してそこにAUの三太郎が大進出。確かにかなり面白い。比べてdocomoは全くぱっとしませんでした。

三太郎と同じくらいの期間、堤真一、綾野剛、高畑充希というかなりの強者を集めていたのに大したことないなあという印象。でも続けているのは偉いかな、という感じでした。

それがこの半年くらいか、かなり突っ走りはじめ、つい先日のブルゾンちえみの登場でいよいよぶっちぎれ始めたと思っていたら、間髪置かずに高畑充希が、炸裂。

遂にここまで来た、バカだこのCM!!!(大絶賛)

高畑充希をブルゾンちえみの『セクシー』にチョイ足りなくするところとか、いきなり長身イケメンが立ち上がるところとか、「たかはたみつきです」って芸名普通CM内で言わねえよってところとか。もはや何を放送してるんだか判らない。素晴らしいの域。

CMといえば日清が別格特級を維持し、実は宝くじ(あ、やっぱり綾野剛)が相当ハイレベルのバカで、私からみると三太郎はその次。ここにdocomoが食い込んできて、遂にここまで来たのか、とちょっと感動です。


一つ心配なのは私が好きだということはかなりマニアック&変な世界に来たと言うこと。商業的には良いんだろうか・・・

巨大企業だから、良いよね!
posted by harukuni at 20:22| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック