2017年07月21日

素晴らしいワイン会-2

ワイン会に行きました。
参加者なんですが私は運営側になります。とある方の家でやるんですが、その方はワインを沢山お持ちで、120本入りセラーが2台と、他いろんな所にワインがあります。そこからワインを選ぶのが私なのです。

自分の飲みたいものと、他の条件とを勘案しつつ飲みたいものを引っ張り出します。だんだん酔いながらも計算を続け、しかもコルクを抜くので酔いが遅い(ほんと)。でも大概計算に失敗し、いろんな負担がその方のお世話になってしまいます。申し訳ないやら、「無理だあ」と叫びたいやら。

そこで選ばせていただいた中で、私として今回特に印象に残ったのが2本ありました。

一つはこれ。ボルドー、ムーリスのグレシエ・グラン・プジョー(Ch Gressier Grand Poujeaux)、1959年!です。

20170721_1.jpg

ボルドーのスーパーヴィンテージ、しかもなぜか61年の陰に隠れてあまり目立たない年という気がします。日本だけかも。(パーカーの「ボルドー」が61年から始まっているのも大きかったのかな)


色を透かしてみて不安になりました。やけに濃い。適切なライトを持って行かなかったので判断困難ですが、濃いのは明らか。液面はミッドショルダー、注意レベルです。
以前、古酒で色がやけに濃く、飲んでみると明らかに異様な味というボルドーに何度か当たったことがありました。もしかするとそれかも知れない。それをオーナーに伝えたところ「飲んでみれば良いんじゃない?」という回答だったので、ものすごく頑張って、開けました。

20170721_3.jpg

結果は大当たり、万々歳!ボルドーの古酒の素晴らしい物に共通の、熟成感はあるし円やかなのにでも若々しい、それが調和している。滅多に飲めない、最高の飲み頃の一つです。ムーリのブルジョワでは評価高めの方ですがまあブルジョワの最上で特級評価かじゃない。それでこの味とは、やっぱりボルドーって凄いんだとうなるしかありませんでした。
色の濃さは、多分葡萄の熟度だと思います。わざわざあれを足す必要は無いはず。

もう一つは、写真がぶれまくりで悲しいの一言なんですが、ジャフランのシャルム・シャンベルタン、1972年です。

20170721_2.jpg

ジャフラン(Jaffelin)社は、なかなか評価が難しい存在。低レベルネゴシアンという意見が優勢ですが、72年当時は今のジョセフ・ドルーアンが買収し、長持ちはしないけどなかなかのワインを作っていたという評価もあるようです。シャルムはその中でも良い、ドメーヌ物だったという記録もある。

でも今残っているのか・・・あ、まだある!ラベル変わってない!確かJCボワゼに買収されたと思ったけど、記憶頼りだから間違ってるのかな。
輸入、コストコホールセールジャパンだ・・・・(判断困難)

まあ著名とは言えない存在だったわけで、そのジュブレイ・シャンベルタンの特級で、かなり良い年の45年前の古酒。これを飲まない手は無いでしょう!


なるほどね。もちろんこの一本で判断できないですが、このワインは「なるほど」でした。味が固く、変な苦みと粗さがあり、熟成感は無くはないですがヴィンテージと畑から期待するものではない。なのに妙に「薄くない」。衰えている、と言うのとはちょっと違うんですよ。

しかし、ジャフランのこういうワインを飲むことができること自体私としては貴重極まりないです。だって売ってないよ。多分世界中のオークションを探しても難しいのでは?
このワイン、その方がブルゴーニュで買って持って帰って下さったのです。なぜこれを買う?と思いましたが、この方同時に買ったワインは前に取り上げた80年のボージョレも含まれ、それは腕に覚えのある方々をうならせる美味しさだったのですから、こういう希少な物のも買えるのかと思います。

でも、他の参加者はあまり反応無かったな・・そりゃあそうか。

どちらも本当に貴重な体験でした。その方に、いつもなんですが感謝してもしきれないです。考えて選ぶの、楽しいんですよね。



ジャフランの隣の写真は!だから、また失敗したんです(泣)
posted by harukuni at 22:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック