2017年07月29日

まさかの超絶鎌倉〜仏閣編

鎌倉に行ってきました。
別に好きじゃ無いんですが、歴史的に考えても回っておく必要はあるだろうと。既に2回行っていますが、取りこぼしが有ったのでこれが最後という意気込みで臨みました。だって行く度に人だらけでウザイだもん。

しかし!今回素晴らしい体験ができ、疲れましたが心地よい疲労です。なので書かずにいられないのですが、ネタが多いので、まずは仏閣編です。

とあるモヤさまで鎌倉の浄智寺を紹介していました。さらっとだけど、オープニングが門前で、なんか随分ひなびた感じだなあ、と見てました。その後の展開も見て、これは実際に行きたいと思い、今日行ってきました。

結論。浄智寺最強!

20170729_1.jpg

20170729_2.jpg

ワインの評価で言えば「偉大」です!ここがあの五月蠅い鎌倉とは信じられない静寂、美しい緑、風情たっぷりの庭。他の参拝客はちらほらです。
理由は、かつての鎌倉五山第四位から衰えてしまい、関東大震災でも打撃を受けて、小っちゃくなっちゃたからです。人気がありません。
それ以前の塔頭どこに有ったんだろう?本堂以外には、新しく作られた庭を眺める和室しかないですが(でも広いし、気持ちよさそうで入れて欲しかったあ)、境内が素晴らし過ぎる。

20170729_9.jpg
20170729_3.jpg


周囲を崖に囲まれているのでやぐらも沢山あり、これぞ鎌倉と思うことしきりです。
20170729_10.jpg

それとモヤさまで紹介していた布袋尊像。これがまずは見たくて行ったんです。

20170729_4.jpg

やたらおなかがでかいイメージがあるんですが、この増はそれ程でも無いですよね。スリムな感じで私の中の布袋様とはかなり違います。
また、じっくり見ると面白いのが、左手は団扇みたいな物を持っていますが、右手は「あんたねえ」みたいに指さしている感じ。団扇はよくあるようですが、右手はどういう意味なのか。恐らく古いものでは無いと思いますが(文化財になってない)、由来を知りたいものです。

静寂・落ち着きを求める方には鎌倉最高の場所に間違いなし!是非、行くべき所です。

あ、そうか写真見て判った!布袋さんお酒を飲んでるんだね!器が無いんだ!!



もう一つは、激観光地の長谷寺。参道人だらけ。

最大の目的はモヤさまで映してた弁天窟、「これがあるって何で早く言わないんじゃこのボケがあ!!!」と狂乱しちゃうくらい。調べてませんが作られたのはせいぜい江戸後期で、文化財でもないのでアピールしないのかも知れません。

しかし。かなり広い洞窟に、壁面には弁財天と、なんと十五童子が彫られてるんです(16人居るけど、その辺は気にしないで)。大きく、立派に彫られている。これはそうそう見られるもんじゃ無いですよ!多分、まあ、他にもあるかもなあ(弱気)

でも寺の参詣客の2割くらいしか入っていないみたいなので、混んではいません。ゆっくり見ることができて大満足。何度も行き戻りを繰り返していて、相当怪しい人間に見えたと思いますが。

中はこんな感じです。

20170729_5.jpg
20170729_6.jpg

撮影禁止ってどこにも書いてなかったからね!何度も確かめたんだからね!!フラッシュ焚いてないからね!!!(しかし今のカメラ、性能凄いわ。上位機種だけどコンデジですよこれ)
とは言えやっぱり失礼感が強かったので、外の弁天堂の賽銭箱に漱石さんを入れさせて頂きました。失礼の段、お許し下さい。

もちろん本尊の十一面観音像ともご対面。いや、やっぱり迫力凄いわ。これはゆっくり見ようよ、と思ったんですが他の観光客はすぐ次に進んじゃいます。何か間違えてないですか?ま、私も奈良の方の長谷寺観音像を見なければ、弁天窟だけで終わった可能性も有るんですけどね。観音様、一見の価値はありますよ。

20170729_7.jpg

20170729_8.jpg

え?由比ヶ浜の眺め?そんなの有ったの?

観音ミュージアム(名前・・)が併設されていて、特別展にかなり心を惹かれたんですが他に行くところもあって諦めました。9月までやってるんだな。行こうっと(結局また行くんかい)。

で、浄智寺と長谷寺を堪能した私はこれ以上の物は無いだろうと、でもここの神社は大きいから行かないとな、という感じで向かったところがありました。
そこで途方もない物を見たのです。

それはまた。
posted by harukuni at 21:31| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック