2017年08月09日

真夏のシャンパーニュ

一ヶ月ぶりのカウンター。真夏恒例シャンパーニュ特集。私としてはやや食指が動きにくい。なので、お手頃な物をメインに頼みました。

まずはピエール・パイヤールのル・パルセル、ランスロ・ピエンヌのターブル・ロンド。どちらも最新話題の生産者だとか。

20170809_1.jpg

加えて、パスカル・ドケのディアバソン。ドケは最近聞き覚えがありますね。

20170809_2.jpg

3つともの感想としては、確かに美味しいですが、やっぱり私には猫に小判かなあ。他の産地・国のスパークリングより格上なのは判るにしろ、それ以上の何か、がわからない。ボトルで買うか、考えてしまいます。

それはさておき(失礼かな)、狙ってきたのはランソン・ブラックラベルの80年代デゴルジュマンです。夕方に行ったのでかなり減っていました。

20170809_3.jpg

泡はほぼ無く、茶色がかっていて澱が結構あります。それにしてはもう一段熟成感や複雑味があっても良かったかなあ。とは言えモカの香り、ダシの旨みに爽やかさが重なるのはシャンパーニュの古酒ならでは。古くなれば良さが判るんですけどねえ。

値段も06のドンペリより安かったですが、買えるかどうかは別問題ですな。


このくらいで終わるはずでしたが、いつも通り調子に乗りました。それでも1杯で終わったのは成長なのか、弱くなったのか・・

20170809_4.jpg

ベル・エポック エディション・プルミエール 2010です。最近あまり使いませんが、いわゆるプレステージ・キュヴェの中ではベル・エポックは良い思い出が多い。師匠も大のお勧めだったので、思わず頼んでしまいました。

可愛らしいデザインとは少し印象が違う、豊かなイメージのあるベル・エポックですが、エディション・プルミエールは春をイメージしているとのことで、ボトルの色彩も、ワインの色合いも軽快でエレガントな感じ。ワインも(比べてないので断言できませんが)味わいの奥行きを保ちつつよりエレガントに思えました。
外見の影響が大きいかも知れませんが。

良い経験でした。って結局高い方が良いんかい。。
posted by harukuni at 22:55| 東京 ☁| Comment(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: