2017年08月11日

新横浜の神社は謎だった(ごく一部だけども)

異常に涼しかったので神社巡り。
横浜市は「横浜」は多分0.1%位の面積しかなくて(断言)、他は丘陵地帯になります。覚悟して出発。
新横浜に近い、岸根公園という地下鉄の駅から。直後に入った龍円という中華料理屋さんが美味しかった!角煮定食、美味しい肉が食べきれるか心配になるくらい。

舌もお腹も大満足して目的地へ。小さい祠だろうと思っていたら、結構立派な鳥居があって「杉山神社」と書かれています。杉山神社って、小ちゃい祠じゃ無いはずだよな。

20170811_1.jpg


石段もかなり立派です。ただ、整備されてかなり時間が経っている良い石の雰囲気は嬉しいんですが斜面に沿った感じで傾いている。
20170811_2.jpg

横が竹林なので根に押されたんでしょう。雨上がりなんで結構怖い。

20170811_3.jpg


それでも石段を登り切り、さあ、と思って土の道を進んだら。

神社巡りでこんなに驚いたことは本当にない。普通の舗装道路になってしまい、神社の跡形すらない。あの鳥居は、石段は何だったの?神社どこにいっちゃったの??
(あまりのショックに肝心の写真を撮り忘れ)

そこで再度地図を見ていたら気付いたんです。そのかなり先に杉山神社があることを。1ヶ月くらい前に行ったんです。

今地図を確認したら、確かに舗装道路をまっすぐ行くと杉山神社があるんですが、遠くないか?
杉山神社への途中には岸根高校とかできています。昔は畑が広がってたんだろうなあ。
[ここに地図が表示されます]

(地図の藍屋の上あたりが鳥居です)

この辺りは「谷戸」という交差点名もあって、大通りがあるところが昔の街道で、そこから丘にある杉山神社への参道入り口がここなんでしょうね。そう納得はしましたが、本当に驚きました。鳥居と石段の先が道路って無いよ。


気を取り直し、しばらく神社を巡ります。アップダウンが多くて体力がどんどん消耗する。三枚橋という所を通って地形の強烈さに敗北。地下鉄の片倉町駅から帰ることにしました。(三枚橋神明神社は猫が2匹いて、写真沢山撮ってとっても幸せ💓)
20170811_4.jpg

片倉町の次の三ツ沢上町からちょっと歩いたところにもう一つポイントがある。そこは片付けておかないと後が大変なので(こっちの都合)行きました。新横浜通りと国道一号の交差点を歩道橋で通ります。また階段かよ。

下りると大きい自動車販売店。この辺りなんだけど、と回り込んだらそこに木々が。あった、と思って見上げたら。

20170811_5.jpg

多分神社だろうけど・・・・

神明造っぽいんですが、なんだこの違和感は。こういうコンクリの神明社、他にも見ていますし、神名造りって扉を閉じるとかなり冷たい印象になるんですが、それにしても、なんだかなあ。

階段を上ってみると、おお、額があるじゃないか!神社の名前がわかるぞ!えーっと?

「帷子稲荷」

稲荷なんですか?これ??
稲荷社は流れ造りが多いですが、ま、別に神明造でコンクリートでもおかしくはない。神明造の稲荷神社は見慣れてます。

大きい交差点から一つ引っ込んだところにある木々の中、コンクリートでも別に良いはずだし、あの違和感は何だったんだろう。じっくり眺めてみたら、判りました。
この屋根です。

20170811_6.jpg

良いんですよ、神社だってデザインは自由なんですよ!それは判るんだけどもおおおおおお!!この上に突きだした平らい板は何がしたいんですかい?
前から見るとその分背が高いので、規模が変に大きく見えて違和感があるんですよ。もっと他にやりよう有ったんじゃねえの?
それは個人の好みだし、境内を見ると切った枝が積まれていて掃除されていて、地域の方から大切にされているのが判ります。嬉しいことですよ。

でも、なんでそのデザイン・・・。誰が?その心は??

杉山神社には歴史を感じて驚き、最後の帷子稲荷には固定観念を突き崩されて驚き。

涼しいとは言え曇り空の中、歩いた甲斐がとっても沢山有りました。龍円、チョイ高級だけどマジに美味なので岸根公園近傍の方は是非お出かけを。
posted by harukuni at 20:54| 東京 🌁| Comment(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: