2017年08月22日

久々の大物

最近ビッグなワインを飲む機会が少なくて、このブログも旨安ワインが圧倒的に先行しています。なのでたまには偉大なワインを。


どうだ!!恐れ入ったか!!!

20170822_2.jpg


コント・ラフォンのムルソー1級ジュヌヴリエール1988,同じく1級シャルム98,村名の98、そして赤のヴォルネイ・シャンパンこれも98です。

ヴォルネイはまだまだ若し。色も香りもしっかりと若くてベリーとか果実を感じます。多分まろやかになって来ているんだろうなあ。

村名とシャルムはやはり格の差が見えますね。98の白はイマイチだったようで、村名は既に落ちかかっている感じがしますがシャルムはしっかりと熟成感があって美味しい。やっぱりコント・ラフォンの1級にしては進みが早い気もします。

とどめのジュヌヴリエール。コント・ラフォンのジュヌヴリエール自体今では余り見かけない。その1988年。
長熟タイプの白には素晴らしい年で、これも本領発揮です。熟成のダシ風味横溢ながらも黄色い果実、引き締まった酸。弱点なし。

素晴らしい体験でした。言うまでもない所に痛みも感じつつ。。
posted by harukuni at 20:41| 東京 ☀| Comment(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: