2017年08月23日

麗しのロワールSB

先日のカウンターはロワール&アルザス。見事に白祭りで赤はアルザスの1種類だけです。(追加でシノンガ開いてましたが)
アルザスももちろん良いのですが個人的にはやはりロワールのSB(ソーヴィニョン・ブラン)に目が行ってしまう。ワインにはまった理由に、2回目に飲んだワインの、ロワールSBが美味しかったからという思い出がありますから。

まずはサンセール2種類比較。ヴァシュロン(Vacheron)15年と、テール・ブランシュ(Terres Branches)14年です。

20170823_1.jpg

ヴァシュロンは近年東急本店で毎年入るようになった優良生産者。テール・ブランシュは初耳です(っていうかこの用語しょっちゅう見るから記憶できないよ。「白い土地」だからねえ。)

ヴィンテージも関係しそうですが、ヴァシュロンは香りも味もトロピカル感すらあるほど果実が熟した印象で、もちろんしっかりと岩の風味や酸もあるようですが、奥に隠れています。元々ブドウを完熟させる生産者ですが、15年は特にその個性が出たのかも。
一方のテール・ブランシュは、同様に果実味豊かで甘いニュアンスもありますが、香りにほのかに草っぽさがある。個人的にはこの方がサンセールらしくて好きですが、特に男性にこの青みを嫌う方が多いと聞くので、そういう方にはヴァシュロンが喜ばれそうです。


そしてプイィ・フュメ比較。ラドゥセットのバロン・ド・エル12年と、ダグノーのシレックス14年です。ダグノーは裏見ないとヴィンテージが判らないな。前の2本より一気に値段が跳ね上がりますが、もちろんダグノーの方が高価です(ダグノーのAOC表記に拘らないで下さいな)。

20170823_2.jpg

20170823_3.jpg

両者互角にがっちりしていますが、これもヴィンテージと2年の差も影響していそうですが、バロン・ド・エルの方が厚みがある印象。ダグノーは固いですからねえ。まだまだ岩みたいで果実味が見つからない。

バロン・ド・エル、昔からあって有名で、やや「かつての栄光」みたいな扱いされている気がしますが(売れてなさそう・・)、飲むとやっぱり非常にハイレベルだと思います。引き締まっていますが度を超していない。こちらもやや青い風味を感じるから余計私好みなのかな。
シレックスは、「ミネラル」の香りしかしない。って言うとけなしてばっかりみたいですが、将来は凄くなるでしょう。自信ないけど。聞いたことあるから・・・
(一応、カウンターの古酒の会で90年代を飲んだら、確かに見事だったし)


これら4種類が、ほぼ同じ地区で作られるSBだとは俄には想像付かないくらいです。特にヴァシュロンはブラインドで出されたらSBとはわからないかも知れない。これらを一度に体験できるのが、カウンターの最大の利点ですね。最近飲む機会が中々少ない中央フランスのSB、大満足でした。


余談ですが、この日は大ゲリラ豪雨&雷落ちまくりの日でしたが、ちょうどその時を地下で何事も無く過ごしました。神社に行かなくて良かった。。
posted by harukuni at 21:06| 東京 ☀| Comment(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: