2017年09月10日

高野山を甘く見ました

先ほどブラタモリの録画を見ました。今回は高野山。一回じゃ済まないよな、と思ったら案の定でした。去年行ったばかりなので、町石の道は知りませんでしたが(歩けないし)大門から先は「知ってる!」の連続。ふふ、わかってますよ、的なちょっと優越感で見ていました。

しかし壇上伽藍に入ってから怪しくなる。まず根本大塔が町石の「終点」は、知りませんでした。
まあ言われれば納得ですね。

で、テーマパーク的な松。実際、行ったときに「3本に別れた葉は幸運」とか書かれていたので何だよ、観光客向けのネタかよ、と思って友人と素通り。

ええっ?三鈷杵の説話から来てるの?だったら素通りしちゃいけないじゃないの!!ちゃんと説明しろよ!(って、説明を雑に読んで見落としたんだと思います・・・)

しかし、それ以上のショックがその後の六角経蔵。記憶に無い。

20170910_3.jpg


経蔵を紹介されるシーンで、背後に鳥居が映っています。私はそっちに意識が集中してしまい、変わった形だけど経蔵だしまあ流そう、と思ったんです。1枚写真撮ってるから見てはいるんです(文化財指定もされていないし)。

鳥居の方は、丹生都比賣命・高野明神(狩場明神)・十二王子を祀る神社の鳥居で、神社には「御社」とだけ書かれていましたが、高野山の地主神で、空海を導き、土地を譲ったとされる神です。それは知っていたので夢中になってしまいました。

20170910_2.jpg

20170910_1.jpg


経蔵、思い返してみると、なんか妙な棒が突きだしてるなと思った記憶はあるんですが。。。後の祭りとはこのこと。

他にも、もっと色々見たい所が残ってたりします。知らないところもあるんだろうなあ。正登山口の慈尊院も行きたくなるし。

高野山、奥が深すぎてとても日帰りじゃ無理です。甘く見てましたね。
posted by harukuni at 23:12| 東京 ☀| Comment(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: