2017年10月27日

ねこだらけ

4月頃にですかね、レコーダーに自動録画のキーワードに「岩合光昭」を入れました。

以後、かわいい猫動画がたくさん保存されます💓

たくさん、たくさん、えっと、残り録画時間がやたら減ってる?


9/11 ミニ2本
9/12 ミニ1本
9/13 選1本とミニ1本
9/14 ミニ1本
9/15 ミニ1本と本体(1h)1本

アホかあ!!!! ネコで埋め尽くされてくじゃねえか!

時々3日ぐらい間が開きますが、またネコの嵐。

しかも、ミニって前に流したのの再編集でつないでるんだけど。

子ネコ特集状態でかわいいいいい!!!!
(気色悪)

NHK、岩合光昭さんに傾きすぎるのは、公共放送の公平性は如何なものか

かわいい。。
posted by harukuni at 22:13| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

衆議院選挙異聞

今度の衆院選挙、野党混迷状態からいきなり出ました!

立憲民主党」!!

おおお、なんてアナクロ時代錯誤で、格好いい名前なんだあ!大正デモクラシーの再現か?そのうち立憲本党とか、大日本立憲同盟とか、立民会とか、大政立憲会とか出てくるのかなあって、最後が違いすぎるだろ!

主義主張なんか関係ないから投票するぞ!

でも、私の好みの名前で大丈夫なのかと思ったら、昨日今日の報道だと野党第1党になるとか、比例全員当選とか、疑わしいですが少なくとも勢いはあるようですね。神社やねこに続いて、遂に私の感性が日本のメジャーに!

ま、自公で300議席だろうだから結局は蟷螂の斧。でもそりゃあ、最悪のネーミング、最低の党首の「希望の党」より圧倒的に主義主張も合うので、比例は入れますかね(うちの選挙区、出てないのよ)

と機微情報を露出しておいて、芳しい候補者の話。

まず、千代田区辺りを歩いていて発見した掲示板。ここはかの有名な又吉イエスさん出ることで著名ですが(芥川賞の又吉と関係ないよね)、それ以上に心をわしづかみにしたのが、

犬丸勝子と共和党」から立候補している「犬丸光加」。

勝子さんらしい人と並んで写ってます。一応ポスター、写真付き。
主張は不明でした。又吉氏みたいに詳しく書いてないので。
ちなみに、今検索してみたらブログがあってトップの写真が全部ねこ(飼い猫でしょう)。そりゃ犬丸は名字だからね、といっても、ここまでねこかあ。

内容的には、まあ、ご想像頂ければ筋は当たっていると思います。


その一区からも立候補者出してる幸福実現党。前は全国に立てていたから、流石に資金を絞ってますね。党首も釈何とかという女性で続けてるみたい。女性を前に出してるようですが、でも当選することあるのか。

実は、私の地元は比較的大きい「会館」が2つあるところで、駅前でビラ配ったりしてます。朝通ったときに、ビラ配りの人に地元のおじいさんが何か話をしていました。おじいさんの言葉はわかりませんでしたが、返事から推察できます。
「あんたんとこ、当選すると思ってやってるの?」的な感じだったんだろうと。

ナイス!

配る方は、はきはき返事してましたけど、信じてますからねえ。

で、最後。ネット動画局の党首討論(凄いなネット、ニコニコ何とかですよね)でかなりの不規則発現をして話題になっていた党首のいる「日本のこころ」。看板候補が希望に行っちゃって、その党首がまだ残ってやってるのがちょっと気の毒にもなります。でも、消えていいよ。

政党別の主張が載った選挙広報が配られるわけですが、日本のこころの比例代表候補者は、赤尾由美という方でした。

赤尾?珍しい名前でもないし、まさか・・ね、と思って読んだら、なんと、あのあの

赤尾敏氏の姪御さんじゃないかあ!!!!大日本愛国党の赤尾敏の!!!
すんごいしょっちゅう電信柱にはっ付けてあるビラ見たぞ!懐かしい。
(わ、同期だ)

でも。日本のこころ、それでいいんですか・・

もちろん政治思想もちゃんと伯父さん(叔父さん?)を引き継いでいるようです。「国防女子」という本を書いているそうです。「民進党(笑)」も。

この広報で、とある積年の大きな疑問が解けました。赤尾由美氏の略歴に「アカオアルミグループの代表に就任。現在、アカオアルミ(株)代表取締役会長。同社は日本で唯一1円玉の円板を作っている」とあります。

なるほど、赤尾敏氏が何度も何度も供託金を没収されても立候補できたのは、そういうバックがあったからなんですね。(そういや、まえにTVで取材してたかもなあ)

又吉光雄さんは、どういうバックがあるのかなあ。いや、選挙に立つ前、自分で大いに稼いだんだと思いましょう。又吉さんの場合あの「口調」と、イエスが芳しいんだし。(でもあの口調で裏道を通るのは止めて貰えないかな。マジにうるさいんですよ)

でっかいトレーラー走らせてる播磨屋も、ちゃんと自分で儲けてることだし。従業員に正しく還元してますか?
posted by harukuni at 21:48| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

比叡山1〜東塔地区〜階段を甘く見ないように

先週末は関西に友人と旅行。今回の目玉は比叡山です。真の目的だった某聖地は、余りにぐだぐだな試合の上(ファン本人が言ってたんだよ)延長12回までやりやがって4時間越え、記憶から抹消です。
昼に行った伏見稲荷のお山はとっても楽しかったですが、体力の消耗は激しかったから尚更です(2アウトからのサヨナラ勝ちを全く楽しめませんでした)。

で、比叡山。広大すぎるのでやはり車じゃないと難しい。中心となる東塔から始め、西塔、横川と大きい場所を回りました。他にもあるんですが流石に無理。

最初に東塔地区へ入り、国宝館に行きました。その分拝観料が上がるので人は少ないですが私個人は大満足。あの大黒天像、他に無い姿なの見れないの知ってます?(無理すぎるな)

東塔地区に、比叡山最大のお堂、根本中堂があります。絶賛大改修中でクレーンと鉄骨が見事。

20170917_1.jpg

なんですが、ここは前にも行ったことが有るんで外観が鉄骨でもよし。しかし中に入るとその構造に驚くったら前もそうだよな。

仏堂は仏様がいらっしゃる内陣と、人が拝むための外陣とに別れるのが普通ですが、根本中堂は内陣が非常に低い位置にあります。外陣からの落差が5m位はあるんじゃ無かろうか。そこに、中尊の薬師堂と、文殊堂、経堂が並んでいて、そのお堂は外陣と同じ高さになっています。文殊菩薩のお堂の前(だと思う)で読経されている僧侶がいらっしゃいましたがすごく上から見下ろします。とても不思議に思える、印象深いお堂ですね。
(写真撮りたいい!!)

根本中堂の入り口の向かい側には階段があって、上に文殊楼があります。何の気なしに普通に階段を登り始めましたが途中できつさに気がつく。根本中堂の規模に惑わされたんでしょう。

20170917_2.jpg

息切れしながら登り切ると、門の形をした文殊楼があります。無料で入れるんだ、じゃあ入ろう。入ってみたら。
階段と言うより梯子みたいな登りの通路があり、手すりにつかまらないと怖くて登れない。かろうじて上がりきったら、前の晩寝不足だった友人は疲れ果てて床に転がってます。
他に参拝客いっぱい居るんだよ!文殊菩薩様もちゃんといらっしゃるよ!!(絵馬しか覚えて無いとか言ってたので)

20170917_3.jpg

下りもまあ厳しいのなんの。最近流行のでかいリュックを背負っている人ほど、詰まって大変になってました。外から見直せばそりゃあそうだろうなと思いますけど、なめちゃいかんですよ。
靴を持って上がらなくて大正解でした。

文殊楼を少し下った平坦な場所に三面大黒堂があり、三面大黒を見たくて入ったら、お坊さんが説明をしていました。え?西塔の釈迦堂が記念公開していて、滅多に見られない、比叡山のお坊さんでも見たことが少ない仏像が見られるって?神像も??これは勇んでいかなければ行けません。


西塔へ続く
posted by harukuni at 19:25| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

8月半ばなんですが

ゴミを捨てに表に出ました。

秋ですか?半袖だと寒いんですけど。。。

今日はどこへ行こうかな。
posted by harukuni at 08:17| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

耳折れねこは可哀そう

今週は政治の世界がとんでもないことになってます。陸上幕僚長、防衛庁事務次官、そしてさっき入ったニュースでは遂に稲田大臣も辞任するんだとか。明日、特別監察の結果が公表されるそうで、報道の通りだったんでしょうね。
しかも幕僚長と事務次官が辞めて大臣は「任期満了」じゃあ防衛省が収まらないでしょうし。

一方民進党の蓮舫党首が電撃辞任。いきなりで驚きましたが嫌気も刺したんでしょうが今後退して民進党への攻撃のネタをなくすという判断もあったかもしれない気がします。後任が全く見えませんが。(枝野氏かなあ)

来週にはどれも次の形が見えるんでしょう。一方で、個人的にびっくりしたニュースがありました。なんと、「折れ耳で人気の猫「スコティッシュ」 繁殖は動愛法に抵触」というのです。
(世界が違いすぎる?ほっといて)

理由を読んでさらに驚き。なんと、あの折れた耳は、病気の為だというのです。(こちら)
「骨軟骨形成不全症」だそうで、単に耳が折れているだけならともかく鈍痛が続いて苦しみ続け、根治が困難な病気なのだとか。

なんて可哀そうなことをしていたんだあ!!!

私は猫の耳はぴんと立っているのが好きなので、スコティッシュフォールドを好まないことも有るはありますが、わざと病気のネコを生ませて商売するなど忖度並みに許しがたい。遺伝性(優性)の病気なので、病気同士の親を掛け合わせると子供も病気になる可能性が高いとか。

折れた耳がこういう病気だと知っている人は、マスコミでも余りいないだろうし、ショップですら認識が足りないかもしれません。まして一般人は知らないでしょう。しかしこういう残酷な行為をやめさせるのは需要を無くすのが最も効果がある。ネコ好きなら必ず知っておかないといけないと思います。
posted by harukuni at 20:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

遂にここまで、docomo

全然関係ないCMの話。希に書きますが結構好きです。

携帯3社はCMではソフバンが白い犬で先行し、さすがに経年劣化してそこにAUの三太郎が大進出。確かにかなり面白い。比べてdocomoは全くぱっとしませんでした。

三太郎と同じくらいの期間、堤真一、綾野剛、高畑充希というかなりの強者を集めていたのに大したことないなあという印象。でも続けているのは偉いかな、という感じでした。

それがこの半年くらいか、かなり突っ走りはじめ、つい先日のブルゾンちえみの登場でいよいよぶっちぎれ始めたと思っていたら、間髪置かずに高畑充希が、炸裂。

遂にここまで来た、バカだこのCM!!!(大絶賛)

高畑充希をブルゾンちえみの『セクシー』にチョイ足りなくするところとか、いきなり長身イケメンが立ち上がるところとか、「たかはたみつきです」って芸名普通CM内で言わねえよってところとか。もはや何を放送してるんだか判らない。素晴らしいの域。

CMといえば日清が別格特級を維持し、実は宝くじ(あ、やっぱり綾野剛)が相当ハイレベルのバカで、私からみると三太郎はその次。ここにdocomoが食い込んできて、遂にここまで来たのか、とちょっと感動です。


一つ心配なのは私が好きだということはかなりマニアック&変な世界に来たと言うこと。商業的には良いんだろうか・・・

巨大企業だから、良いよね!
posted by harukuni at 20:22| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

都議選

あと30分後には速報が流れるでしょう

都民なんで、都議選に投票に行ってきました。

都民ファーストか自民党か。「うんこ味のカレーとカレー味のうんこどっちを食べるか」の選択。私的にはうんこじゃない選択肢に入れましたが、まあ通らないだろおなあ。

今日は早く寝ます。政治家が替わったくらいで、私の身には何も起きないだろうから。
posted by harukuni at 19:32| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

卑劣な人格攻撃

議論で反対者の個人攻撃をするのは卑劣とされる。最悪なのは人格攻撃で、追い詰められた側があがくときに使う。議論の中身と無関係なことを攻撃するから卑怯だ。

それを国家の政府の、官房長官がやったのが元事務次官への「出会い系バー」だ。「地位に恋々としていた」の口撃だ。およそ民主主義国家の政府代表者のやることじゃない。日本は一気に19世紀以前の国に堕落したのだ。

すぐに言われていたことだが、たとえ出会い系バーに行っていたとして、誰がそれを読売にリークしたのか。天下り問題はあったがそれは組織、関係ない事がすぐに出てくる。明白に個人を貶めて、証言のインパクトを下げようとしたに違いない。ものすごくいやらしいやり口だ。

孫引きになるが日経が一面のコラムで政府を皮肉ったそうだ。経済主体の日経では余りないことで、「余程」だと受け取れる。民進党の野田幹事長が共謀罪と組み合わせて批判したのも決して便乗だとは思えない。安倍政権は気にくわないやつは共謀罪を使って黙らせる可能性があると、本当に思える。まだ成立してないから使えなかっただけだ。日本の警察はまともだが、「上から」言われたらやるしか無いだろう。

出会い系バーがけしからんならその人を事務次官にした政府がおかしいだろう。実務能力と個人の性癖は関係が無いし、今頃言い出すのはいよいよおかしい。攻撃されたから持ち出したとしか思えない。官僚のプライベートを見張って気にくわない奴は叩きのめす。ま、「政治主導」が良いって喜んでたマスコミも一因だと思うが。

与謝野馨氏が亡くなった。与謝野氏を代表として、この頃の自民党の人はとても立派な「保守」だったんだと思う。ウヨクじゃなかった。今頃感じて、申し訳ない気持ちで一杯だ。今の自民党は野蛮なウヨク集団に堕落してしまった。

そのウヨク関係者の発言に陛下が怒ったという毎日新聞の記事もあった(宮内庁は否定したが)。日本は本当に治安維持法の時代に戻ろうとしているように思えてならない。それが「民意」なら、一旦やってみて、その結果を民衆が感じれば良いだろうけどね。その時は、自分は山奥に避難するか、師匠ルートで海外に脱出してれば良いかな。

「諸外国」の目が気にならなきゃあ好きにすればいんじゃないの。中国はぶったたけて大喜びするだろうけどね。
posted by harukuni at 22:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

バカが最高!

だいぶ時間が経ってから書きますが、やっぱり大江キャスターのモヤさまは良かった。見とれちゃいます。
が、番組も立派。最初NHKのドキュメンタリー真似で始まったにもかかわらずトップに手島優を突っ込む素晴らしさ。その後の緩急も見事、北新宿の電気屋さんてどのくらいのファンが来てるんだろう。

上田に移ってある意味普通に歩いていて、まあ観光地ロケだな、と思っていたら最後の最後にお達者倶楽部を叩き込み、さなだめんと銀恋のスーパーコラボ。もう、どうやったら上田でお達者クラブを発見できるのかリサーチャーに頭が下がりまくりで、さなだめんって某目黒のなんとか博物館を思い出してやばいのに、しかもカラオケが凄すぎる。大竹の「夢見てんの?」まで出て「全てがドイヒー。」、感動的ですらありました。

モヤさま、バカを貫いてるのが偉い!キャスターがドイヒーやって、社長を冷凍室に投げ込んでる!東中野の女将さん、一度も見たこと無い!そばうちは時間が無い!バカばっか!超絶最高!

ほとんど変わらずすごく可愛らしい大江さん。38歳なんて信じがたい可愛らしさ。温泉で椅子を差しだされて「ありがとうございます」。超素敵、悔しすぎるううううううううう!!!!(機会ねえだろ?)

福田アナも、自然体でいけば良いよ。泣いちゃったのが完全ハプニング(撮ってない)だけど好感度抜群です。大江キャスターに追いつこうなんてオリンピックで優勝しますみたいなものなんで、努力目標としては最高だけど無理はしなくていいと思う。ド真面目さんが3代目という選択もさすがはモヤさまの制作陣。
福田典子さんほんと、頑張ってね。こすってね(知られてない業界用語が出るの珍しい)。

狩野アナの橋本真也が見たかったなあ。真面目に。
posted by harukuni at 20:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

大江アナがやっぱり素晴らしすぎる件

モヤさまが10周年で、ためまくっていた発表がなんと単に歴代アシスタントが勢揃い!!って局アナが2人来るだけじゃん!!だったんですが、当然、狩野アナは良いとして(おい)大江「キャスター」が来るんで、三村がファンなのがばれたりするわけで。ファンとか言うレベルじゃ無かったかも。。

やっぱり大江キャスターはランクが違うと思っていたらネットで普通に前宣伝を流しています。当然即サイトで見たわけですが、

大江アナ(キャスターじゃない)、やっぱり素晴らしい。。。

すっごくフランクで面白い。そりゃ周りがキャスターだなんのと言っているだけでたった4年しかたってなくて本人が変わりようが無いわけですけども、結婚もされて、とっても落ち着いた感じもあるかと思っていたら、落ち着きは「増している」ので変わってはいない。

で、面白い。普通にしているだけなんでしょうが面白い。狩野アナがさまぁーずの邪魔にならないように心がけていた、けどまとめようとして全然失敗だったというくだりで机に突っ伏して、あのWBSの大江キャスターが頭頂部だけが見えている状態になるって、それは局としてどうなのか?良いのかテレ東?
止め絵をアップしたいんだけど、著作権とか肖像権とか大江アナ権とか不明なので、見て下さい!

ああああ、大江アナ変わらない。町の人が面白すぎて地面に倒れ込んでた時のままです!素晴らしい!!
(マネ○○ス、悔しすぎるうううううううううううう〜魂の叫び)


必死に冷静になって、こう見ると大江、狩野、福田の違いがよく見えます。狩野アナはあれでとっても良かったと再確認。ミニ大江じゃダメだからね。福田アナも違うから良い。普通でいいんですよ。癒やし系だというのは発見というか「確かに」感。

福田アナは、必要ならさまぁーずがちゃんと突っ込んでくれるから大丈夫だしね。みんなは「真面目」としか言ってないのにテロップは「クソ真面目」。半年経っても大竹から詰め寄られていないって時にスタッフから驚きの声が出ていて、それが福田アナの個性!!でもいつから「でかい」キャラになったんだ??

そのあとの質問コーナーで大江アナの答えは麗しい。「街の人の邪魔にならないように」。深夜番組でも画面はとにかく街角のロケで騒がしい事はしない。受け入れてもらえるようにしたから、この番組が10年続くんだと思います。さまぁーずも大いに同意だったんでしょうね。


あと全然関係ないけどブラタモリを見返していたら「稲葉さん」というおじさんの先生が登場した時のバックにBzが流れてたんで、NHKやるなと思った次第。やっぱり今のテレビはNHKかテレ東ですよ。暴れん坊将軍。
posted by harukuni at 17:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

原発とオスプレイとブラタモリ

ブラタモリ別府温泉の回で2度目の登場の松田先生。おしゃれで格好いい上に乗ってくれる。不自然とかってレベルじゃない登場です。

で、いきなり「不自然」について。人間の感情は自然ですが、それをむき出しにしてはいけない場合があるわけです。生きてりゃあわかりますよね。

裁判という所はその際たるもので(ブラタモリから遠すぎるなあ)、両方の訴人は感情的だからこそ、弁護士や裁判官は冷静で無ければならない。それが崩れると訳わかんないことになるので。
私はリベラルで朝日新聞好きなので週刊新潮に味方したくない「感情」があるんですが、これは新潮に分があるだろう(朝日と論争してませんよ)。記事名は問題だと思うけど…女裁判長って?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170403-00519299-shincho-soci

裁判官の性別は無意味。でも裁判官にも個性はある。人間ですからね。それもあって三審制になるわけですよ。この記事がどこまで冷静なのかわかりませんが、言っているとおりであれば判決は問題だらけ。初めから結論ありきだったのだとしたら、それは裁判じゃありません。

民主主義であれば行政と司法は独立しなければならない。行政の間違いを司法が糾弾しなければならないわけです。警察は行政で、その間違いがあるとしたら司法の裁判所、それを支える弁護士が正すわけです。

でも、決定を下す裁判官に何らかの問題があれば糾弾されないといけない。三審制とはいえ、上告になれば様々な負担がかかるわけです。「変な」裁判官は罷免されるべきです。
そんな事有るのか?と私も思いますが、実際にありました。神奈川のどこかの裁判官が余りにも個性的で、不適格として罷免されました。私の義兄は弁護士なんですがこの裁判官悪名が高く、弁護士の組織(弁護士会?)による裁判官の評価意見を述べる規定があるそうで、この裁判官は不適格通告をする予定だったんだそうです。その前に裁判所自体が首を切った訳です。

あくまで新潮の記事ですが、そこまででは無いにしろ国と東電に賠償命令を出した裁判官もかなり個性的な方らしい。でもさあ、それじゃあいかんのですよ。
記事は他の裁判に影響が懸念されると書いてますが、その方がそれだけ個性的なら影響は無いはず。他の裁判官は判ってますからね。その裁判官が個性的じゃ無いほうが、賠償判決が連発する可能性があるわけです。

結論はどうかとして記事自体は納得できる。予見可能性があったのは事実ですが、じゃあそれを取り入れるかは同じじゃ無い。そもそも東日本大震災自体「ここまでのことが起きるとは」と地震の専門家が驚いていたし、マスコミもたぶん都合が悪いので原発事故報道ではそこに触れてないし、万単位の人が死んだのは原発のせいじゃないし。被害との関連において科学的じゃ無いんです。被害範囲の巨大さは勿論だけど、地震への対策不備は結果論でしょう。

重大な事象の可能性において、科学的、論理的じゃ無いことを言いふらされるのは絶対に悪事です。私は民進党の抗議文よりはるかにたちの悪い「圧力と恫喝」が菅官房長官などによる翁長知事への個人賠償への言及だと思いますが、オスプレイが危険という翁長知事の発言は根拠が無いのは間違い無い。他のリベラル系マスコミも同じをこと言っててはなはだ困りますが、やっぱり論理的じゃ無いんです。

でも、普天間基地が危険なのは論理的だし、沖縄がずうっと負担を押しつけられているのも論理的事実です。米軍が必要なら負担を分担しなきゃいけない。嫌がっている勝手な連中に票が欲しい政治家が遠慮してるんです。オスプレイを嫌がるんなら政治家が排除するべきなのでは?やらない自民党が二枚舌なんです。自民党に限らないと思うけど。

大事を論じる時には論理的、科学的じゃ無ければいけない。大津の地裁が敦賀の原発停止を決定するのは、暴論じゃ有りません。ただ、高裁で覆ってもそれはあり得ること。ヒステリー的な反論をしても説得力はありません。敗訴側のコメントはみっともないレベルでした。

生きていくと論理的じゃ無い暴論がまかり通るのをよく見ます。それを仕方ないって言っていたら、無理も無いけど何も変わらん。それを壊すと良くなるし、格好いいんです。ブラタモリの松田先生、髪型刈り上げたりして通常の観念をぶっ壊してくれるんで、格好いいですよ(お、うまくまとまったか??)
posted by harukuni at 10:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

驚きと感激の日

4/2(日)、前からお花見予定がありました。
屋外、BBQ、桜!満開らしいぞって。

今朝のテレビの天気予報。

局Aは、
「晴天ですが低気圧が通るため急な変化が起きやすく、突風、落雷などにもお気をつけ下さい!」

えええ?ダメなの??

局Bに回しました

「土曜日は雨ですが、日曜日は一転してお花見日和になるでしょう」

どっちなんじゃこらああ!!!

今は気象庁横並びじゃないので予想が違うのはわかるけど、それにしても違いすぎんか?

この時間には固まっているかもしれませんが見てません。さあ日曜日のお花見BBQは如何に?


一方。確定なのが、今年の流行語大賞。絶対に

「忖度」

が入る!!間違いなし!!!

あああ、こんな古語が連呼されるなんて不思議なような嬉しいような(嬉しくないけど)、だってりっしんべんに寸ですよ!他で見たことないよ。

どんどん籠池事件と関係ないところで使われてます。間違いない!


あと、実は今日気がついて、ものすごく感銘を受けたこと。実現して欲しい。それは、

今の天皇陛下が譲位されたら、「上皇」て呼ぶらしいよ!

うわああああ、上皇がいる時代に生きられるのか俺は!本の中だけだと思ってたのに、ニュースで「上皇が」とか、ネットの記事で「上皇陛下がとか」をリアルタイムで見られるの?夢のようだああ!!!
いや、いっそのこと院と呼んで欲しい。「平成院」とかって出てきちゃったらもう悶絶の極み、生涯思い残すことなし!(何でやねん)


まあ院はないけど(いかにも「院政」で印象悪いし、理由ないし)上皇も無いかと思っていたんで嬉しいです。でも今日見た皇后様を「上皇后」はなんだろうなあ。皇太后は使いにくいのはわかるけど。もっと工夫できませんか?でもまあ、慣れるかな。
それと、「皇太弟」ができるかも!たぶん日本ではこの言い方はされてないけどね。東宮でまとめてたから。

嬉しいけど、やっぱり自分でも思う。何を喜んでるんだか?
posted by harukuni at 20:52| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

もはや炎上じゃ無く噴火の規模だ籠池おじさん

森友学園事件、と言うより籠池事件といったほうがいい気がするが、なにかもう異次元の世界に突入している。

誰がどこまで本気なのかわけわかんない。通常なら籠池氏の100万円寄付発言は事実とは思えず、証人喚問であっさり「ウソでした」と謝罪して却って安倍首相は無関係というう印象を与える戦術だと思うところなのだが、この人なので「トカゲの尻尾で切られてたまるか」という説も、あるかも知れないと思ってしまう。名前が似ている鴻池氏が良い者になっていたのが相当むかついたかも。でもだったら安倍首相をターゲットにするかなあ。

また、一部で出ている昭恵夫人の独走という話も、無くはないのかもしれない。100万円寄付したという話だが、籠池氏は現金を渡されたとは言っていないから。今日、たまたま録画されていた昨日のゆうがたサテライトが爆弾発言直後だったのでじっくり見ることができました。
(それでこの記事を書いてます)

攻撃する民進党もこの証人喚問には明らかに慎重。ある記事に書いてあって納得したのですが、大打撃になった偽メール事件があったので慎重にも慎重を期している感じ。しかも突然の発言だったの裏は全く取れないだろうし。

ただ、ゆうがたサテライトの情報で昨日首相と面会するはずだった大臣が、首相が時間が取れないということで官邸に行ったのにキャンセルになったそうで、これは異例なことだとか。全部が芝居なのかもしれないけど、政権に予想外の状況になっている可能性も十分ありそうだ。

二階幹事長が「こんなことで国会を止めてはならない」と発言したとか、総理が解散をちらつかせて野党をけん制しているとかの情報もある。一体どこに向かっているのか(真実が明らかになるなんて期待してません)。

稲田大臣がなぜか大炎上してもう初の女性総理はなくなった感じだし、日本維新の会の口撃男、足立議員が
安保情勢が厳しい中で安倍晋三首相や稲田朋美防衛相の足を引っ張るのは、北朝鮮や中国と通じているのではないかと疑われても仕方ない

とか
寄付してたら美談ですよ。なんでマスコミは騒いでんの?

とか意味不明な発言を国会でしたりして周辺も大賑わい。

4日のユアタイムで市川紗耶が「四方八方に散らばりすぎて収拾がつかなくなっている」と表現したのが見事に今の状況を表してますな。やっぱり頭いい。
あと、フジサンケイでもテレビは常に普通なのが面白い。そのユアタイムで稲田大臣の「記憶」ワードをロッキード事件まで引っ張り出して嗤ってるし。たださすがに産経新聞も庇えなくなっているけど。

例の二重国籍事件で有名になったアゴラの八幡氏が「二重国籍を放置して攻撃する民進党に資格はない」みたいな記事を書いているようだけど、今回はやっぱり的外れにしか見えない。新潮も文春も追求してますよ。

一つまじめに、そのユアタイムでモーリーが言っていたけど海外(欧米だな)では関心が高く、しかも極右政権で危険な政権の可能性を重視され、大々的に報道されているそうだ(だから在外特派員協会の会見もセットされたわけですな)。安倍首相の靖国参拝の件も再度取り上げられることだろう。

あ、そう言えば豊洲の百条委員会もすっかりかすみましたな。誰にとってプラスになるのか?小池と知事にはマイナスか、逆にラッキーか。

という感じでもうネタ満載。籠池氏、面白くてオイシイおじさんだと思っていたらそれじゃ済まなくなってきてます。目が離せませんね!(離す方が無理だけど)
posted by harukuni at 21:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

もうこれが最後になるでしょう、ルロワとか

先週末のワイン会はすごいラインナップになりました。

20170306_01.jpg

・コント・ラフォンのムルソー1997
・ドーヴネ、ムルソー・プレ・ド・マンシェ(Pre de Manche)1999
・デュジャックのエシェゾー、1998
・ドメーヌ・ルロワのリシューブル、1994

しかも全部が状態が良くて美味しかった。幸せと言うほかはありません。それでいて会費は思ったより安くて、幹事に感謝しきりです。

ドーヴネのこのムルソー、全然知りませんでした。後で師匠に言ったら「近頃売ってるの見たこと無いですよ」との話。ドメーヌ・ルロワは、このワイン自体久しぶりだし、リシューブルという畑もドメーヌ関係なく久しぶりだし、ダブルのレア物。オフヴィンテージですがまだ若いくて生き生きしてます。見事としか言いようなしでした。

おまけ扱いされてしまいましたが、ラインヘッセンのケラーのベーレンアウスレーゼも。幹事の好みで2014年とごく若いワインですが、255周年と特別キュヴェだそうで(なぜ255なのか聞かないでください)、やっぱりうまかった。BAにしてはそれほど濃厚ではないですが爽やかでバランスが見事、まだ泡も見えます。

20170306_02.jpg

今回のラインナップの中でも特にルロワとドーヴネ、この銘柄が、ではなくて両ドメーヌのワイン自体もう2度と飲む機会が無いの可能性は十分ある思ってしまいます。だとしても最後にとても素晴らしいワインが飲めてうれしいことです。
posted by harukuni at 19:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

水戸光圀に学べ!

韓国のメディアは色々過激らしいが、少なくとも仏像問題についてはまとものようだ。地元の地裁判決を厳しく批判している記事ばかり(日本語版はね)。当然で、あんな根拠が全く無い感情判決を下していたら韓国の司法が国際的に疑われる。北とレベル変わらん。

でも、yahooのニュースとか見てると日本も相当にレベルが低い。というか、ここ10年くらいで明らかに劣化している。下品になっている。まともな大メディアが退潮し、わけわからん知識も覚悟も何にも無い「メディア」がまかり通るようになっているんだと思う。

最悪はDHCなんちゃらで、悪口雑言を吐きかけている相手に取材もせず理由は「数々の犯罪や不法行為を行っている集団を内包し、容認している基地反対派の言い分を聞く必要はないと考えます」。相手を取材しないメディアなんてあり得ない。なのに今後も良質な言論を提供するんだそうだ。

良質=自分のお友達、なのは言うまでもない。腐敗仲間ですな。

アパもバカだが経営者が思い上がっているだけで、単なる「バカ」。テーブルに本が「読め!」と置いてあるそうだが(何度も泊まっている人から確認)脇に投げ捨てればいい話。
バカが思い上がっているだけだが歴史をやっている人間の感情的に非常にムカつく。低レベルの素人のくせに何様のつもりだ。史料を読む苦労ぐらいしろ!

社員を自殺させて自分はデカい面して国会議員になる経営者、100時間越の残業を金も払わず自分はかわいい男アナウンサーに億単位の金を払う経営者、あれほど悪口を言っていたのに立場が変わると回線を貸さない経営者、とか一杯いる。大体がこの10年でのし上がってきた会社(回線業者は違うが、たぶん悪例を作った奴)。金を払う消費者も悪いんだが。知らないうちはともかく、情報が流れたら金払うのやめれば?まあDHCは共感するアホが多そうだけど。
(自分は今後アパホテルに泊まることはない。他になかったら別だけど・・・)

今、ブラタモリ水戸を見ている。藩を作ったときからの事とは言え大赤字、その中で学問を発達させた。神仏習合の私からすると大日本史史観は受け入れがたいんだけど、それをまとめた努力、学術に丹精を込めた気持ちは崇敬して止まない。

今の日本の偉い奴らは水戸に足を運び、資金がない中で学問を進めた人達の気持ちに学ぶ必要がある。金持ちになったときの慢心が、汚らしく表に出ている。それは金持ち国家になった日本全体に言えるんじゃないか。

隣国の悪口を言う前に、やることがあるんじゃないですか?まず歴史の光圀に学んでくれよ。おまえら金儲けは出来たんだからさ。
posted by harukuni at 09:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

閑話休題〜オーストリーの美味しい泡

しばらくワインの話を書いていないので、石仏神の話から一旦戻します。

先週末の東急は、もう何十回やっているんだろうオーストリーワインbyAWA社の会。ノベルト・テッシュ社長とももはや顔なじみです。

今回、新入荷の、しかもAWA社としては新しい方向性のワインがありました。フックス&ハーゼ(FUCHS&HASE)のペットネットVOL2とロゼです。両方とも2015年。

20161110_01.jpg


見ての通りのスパークリングですが発泡は穏やか。とても爽やかでフレッシュ、ぴちぴちして(泡だけど、それにしても)気持ちが良い。どちらかというとロゼの方が出来が良いかもと思っていたら同感者多数。色がきれいだし、より豊かな感じがします。微かに残糖を感じますがそれが一段の味の深さにつながっていると思います。

20161110_02.jpg


葡萄はブレンド。VOL2はグリューナー・フェルトリナー60%とゲルバー・ムスカテラー40%。ロゼは、意外なことにツヴァイゲルト80%とカベルネ・ソーヴィニョン20%という色も味わいも濃いタイプの葡萄から、このフレッシュなロゼ。値段は参考上代3,900円とややお高いですが、美味しいから認めざるを得ません。

これからの季節ならクリスマスorニューイヤー以外なら部屋を暑くして飲んだら爽快で美味しいでしょうね。

これがAWAとしては新しい方向性というのは、最近いわゆるナチュラルワインで、無清澄・無濾過、SO2無添加だからです。一般的にそういうワインは社長が好まなくて輸入していないのですが、やっぱり美味しいので輸入したとのこと。現地で師匠もおおいに誉めたそうだし。

ところで、VOL2と言うことは他の番号もあって、葡萄が違います。1〜5なんだそうですが、社長・師匠両方とも「良いのは2と3だけ」(とロゼね)だそうな。師匠はなんで3を入れなかったのかと突っ込んでました。勿論次のヴィンテージ以降は変わるかも知れませんが(始めてから3年目だそうです)。

これを作っているのは、オーストリーで著名なユルチッチ(JURTSCHITSCH)。昔からAWAで扱っていて、元々かなり「自然な造り」のワイナリーですがそこの新世代が色々試行錯誤的に作っているそうです。以前からの銘柄もたくさん作っていて、他のラインもあるのでとんでもない銘柄数有るようですね。

楽天で見つからないのは、まだかなり輸入数が少ないのかも(聞きませんでした)。見つけたらぜひお試しを。但し、無濾過なのでかなりの澱があって(特に白)、沈めて飲んだ方が美味しそうですよ。
posted by harukuni at 20:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

路傍の謎の石仏神〜前

町を歩いていると、中途半端な知識ではカバーできないものに出会います。
モヤさま的なそれではなく宗教遺構、と格好良く言えば良いのですが変な石仏神(後述)です。詳しければ「あ、それね」だろうし以前の自分のように知らなければ「ふーん」で終わっていたのでしょうが、気になります。しかもそれが地域でまとまっているかのような状態だといっそう。でも、それを探すのも難しいし。

今回は全て横浜市の都筑区で出会ったものです。一つ目は東方町の天満宮にありました。

20161106_01.jpg


右手に宝剣、左手に宝珠を持っている憤怒像の感じですが、頭にとぐろを巻いた蛇が乗っています。蛇がよおっく見ると人面っぽい。
それって、宇賀弁財天じゃないですか?でも、それだったら八臂で色々持っているはずですがこれはシンプルだし、第一顔が男っぽいぞ。これどなた様?

そもそも弁天かどうかも全く定かでない、と思って歩みを進めてたら見つかったのですよ。池辺町の八所神社と、その南にあった小祠。
これが八所神社のもの。

20161106_02.jpg


頭上に蛇は頂いていませんがどうやら鳥居が乗っている。これも宇賀弁財天にあるパターンです。薄いですがもうあと2本は腕も見えています。(もっとはっきりした写真を撮りたかったのですが、ヤブ蚊の猛攻撃を受けて逃亡)

で、小祠。

20161106_03.jpg


お顔も少々欠損しながら女性っぽい髪型。頭上は、えーっと・・・。でも腕は、主な2臂の背後に4臂あって、持物は法輪、弓矢までは判ります。が。
おい、メインの腕生え方異常すぎるだろうが!!!それは普通手じゃないぞ!

しかし。これは間違いなく弁財天なのです。なぜなら。

20161106_04.jpg


はい、バス停。横浜市認定!

ハアハア、くたびれきるぐらいのインパクトですがこれを事前に全く知らずに会えるのが神社歩きの素晴らしいところ。勿論こんな収穫祭は年に1回あるかどうかですけどね。

今から宇賀弁財天の通常の持物を確認してみますがそれはこれら素晴らしい路傍の弁財天様に何か文句をつけるわけじゃない。この予想の付かないところが巨大な魅力なんです。

でもさあ。最後の弁天様の腕は、何かに抱き付かれてるみたいで気持ち悪いぞ。
おい、石工!!(え?意図的??)



石仏神:庚申塔とか弁財天とか、神とも仏ともつかない石像を表現するための私の造語。最近読んだとある本から影響を受けました。仏・神を厳密に別けるなんて意味ないと思うので、まとめました。
posted by harukuni at 21:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

色々とんでもない

日本シリーズ、客観性がやや欠けるにしても凄いことになってます。

「内弁慶シリーズ」って言うとなんか弱っちい感じですが、ここまで互いにホームで全勝。日ハム、機能いつの間にかサヨナラ満塁ホームランってなんなんだよ、見てねえよ。

と思ったら、昨日別で飲んでいた先輩が「2次会の店で(リアルタイムで)見た」というメールをくれました。羨ましすぎるうう!!私は参加できず。。。(泣)

その先輩も「他のチームのファンだけど今年は興味津々」と言っているように、なんか神がかってきてます。その神は普通なら広島に降りるんだけど、札幌では日ハムに降りました。本当に出来すぎ。
マツダスタジアムじゃあ全然かなわない感じだったのに。


これで王手です。3勝2敗になったチームは日本一確率80パーセントとか見かけますが、全く無関係ですよ。正直、これからまたあの真っ赤な燃えさかる球場に行くと思うと、サヨナラ満塁の勢いすら通用しないんじゃないかと気が気じゃないです。


その先輩が「第7戦までもつれて、日ハムが逆転して最後は大谷が165qで3者連続三振、というのが本当に有り得ると思えてしまう」と書いてきました。その逆パターンで最後は黒田が三者三振で広島優勝でもすごいラストになりますな。ここまで来たら、どっちが日本一になっても素晴らしい!(本音だよ)


追記

今、朝に撮ったNHKのスポーツニュースを見て驚き。なんと、市川と中島をメインに取り上げている。しかも2打席。
市川は両方とも犠打。中島は、きれいなヒットと足を生かした内野安打。それが見事に得点になっている。特に最初の方は、ジョンソンから代わった今村から同点をもぎ取る田中のスライディングが成り立つために、この2人の見事な「仕事」が効いたと特筆。最後は9回を演出した2人と言うことで「脇役の活躍」をおおいに取り上げている。確かに9回の市川のバントは大舞台で実に見事なバントだ。

しかし、こんなコアなネタを「おはよう日本」で中心に取り上げるかNHK?

やっぱり今のテレビの最高レベルは、NHK対テレ東だな。
posted by harukuni at 20:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

たった7分

本来なら日本シリーズの結果でハッピーになるんだけど、その前のニュースが愕然すぎる。

東北大震災の大川小学校の避難について、仙台地裁は学校の過失を認め、賠償を命じたそうだ。

何が過失だったかというと、

「津波襲来や高台避難を呼びかける広報車が校舎前を午後3時半ごろに通り、7分後に実際に津波が襲った」ので、「その後、北上川の橋のたもとにある標高約7メートルの「三角地帯」と呼ばれる高台に向かう途中に」津波にのまれたから、高台に避難しなかった責任が学校にあるんだそうだ。

ちなみに、一緒に付き添った教員もみんな(一人だけ助かったか)津波にのまれて死んでいる。
「裏山への避難を決断すべきだった」から、過失なんだそうだ。

7分で?大地震が起きて教員自体が大動揺しているのに?そこで三角地帯か裏山か「適切な判断」しなかったから責任があるんだって???
それは、判断して死んだ教員に責任が有るんだって言ってるんだよな?その場で判断を間違えたから子供を殺したって言ってるんだよな??自分も死んじゃってるのに、それに子供100人以上の命という山のように重い責任を乗っけてるんだよな???

そういう場合もあるだろう。責任を負う立場の人間は、結果責任を問われることもある。で、その一例なのかね?

訴えた「親」にも裁判官殿にも聞く。あんた達は、震度7の超大地震直後の、広報車が通った(聞こえていたかすら定かでない)たった7分間で、100人を超える子供を誘導する「適切な判断」が絶対に可能なんだね?自分の命も掛かっている判断が、間違わないって言えるんだね?


私の見ている(上記引用は全て同じ)毎日新聞のサイトの見出しはこうだ。

「7分前に危険性予見」学校の過失を認定

自分の立場のせいだろうがやや判決に批判的に感じる。

私は7分くらいの間にろくな情報も無い状態で重大判断をせざるを得なかった体験が何回かあるから判決に非常に怒りを覚える。間違えたから、それは極悪なことなのか?死骸に石を投げつけられるようなことなのか?判決が出たから言うが、訴えた親にも怒りを感じる。先生を同じ人間だと思ってますか?

教員のご遺族は、どういう思いになるんだろうか。

普通の方の感覚は、どうなんだろう。私がおかしいんだろうか。
posted by harukuni at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

ファイターズ日本シリーズへ!




で、なんで昨日書かなかったというと、

デーゲームだって知らなかったんだよ(泣)

夕方にネットを見たらさらっと「日本ハム日本シリーズ進出」。は?と思って検索しても前日のソフバン勝ちの情報が前に出て来たりするし。混乱するわ。

しかし結果は今年のペナントシリーズみたい。広島は圧倒的に勝ち、日ハムはソフバンと競ってしかも最後の試合も逆転勝ち。

で、粋な演出&絶対勝利の選択で最後が大谷。割れんばかりの大歓声の中で165qとか。

大谷って、本当に人間なの?

しかし、陰に隠れながら西武ドームのいじられ役杉谷とか岡、中島、西川(5回の守備は値千金!)とか、やっぱり目立たない位置の中継ぎバースとか、普段はスポットライトを浴びない選手が大活躍するのが日ハムですな。

そこに目立たないのがとんでもないけど中田がCSで大復活。2回のソロで雰囲気が一気に変わったそうだし。さすがは4番、やっぱり使い続けた栗山監督が偉いんじゃなかろうか。

しっかし、日本シリーズはきついなあ。広島激烈強いし、チームカラー似てる感じだし。日本一になるのは、最後の最後まで本当にわかりません。出来れば7戦までもつれ込んで欲しいな(お互い、懐厳しい同士収入が違うんで・・・)。
posted by harukuni at 18:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする