2017年05月12日

シュヴァル・ブラン・ブランvsマルゴー

古酒から1週間経ってカウンターは2014年ボルドー。行かないわけにいきません。

今回の目玉はなんと言っても、シュヴァル・ブランの白、ル・プティ・シュヴァル(LE PETIT CHEVALでしょう。初ヴィンテージです。なかなかのお値段(グラス3,564円)ですがボルドー白好きの私は特に飲まねばならない。

20170512_01.jpg

うん、やっぱり特級の味だけど、2015のイグレックを並べちゃうと・・・。この値段を取るならもう少し頑張ってね。初ヴィンテージだから見守りましょう。

他、2014年の赤を飲みましたがやっぱり弱い年という感じです。線が細く、果実味がもっと欲しい。その中で突出していたのは実は初体験のクロ・レオ(Clos Leo)篠原麗雄さんという日本人が作っているので有名ですが、カスティリョンで7,000円以上するので中々手が出ませんでした。

20170512_02.jpg

これが豊かだったんですよ。他はフィジャック以外左岸だったせいか上記の印象でしたが(フィジャックは若いと判らん)レオは果実味充実。もちろん重すぎるようなことは有りません。バランスが良く、既に文句なく美味しいワインでしたね。買いだなこれは。

で、これで終わりにするつもりだったんです。これで。。

隣の人が絶賛するんですよ。当然師匠も同調します。終わりのつもりと言うことはまあまあアルコール入っているので、頼んでしまいました。シャトー・マルゴーを。グラス6,900円(これでも相当割安)。

20170512_03jpg.jpg

うーん、確かに。それだけのことあるわ。
やっぱり線が細いんだと想像します。近年全然飲んだこと無いので。でも控えめながらもとてもしなやかで上品できれいな果実味を感じて、とても滑らかでエレガント。青みなんてほんのかすかにも存在しません。

更に驚くのはその余韻。大人しいのに華やか、それがほとんどいつまでも続きます。これは秒数を数えたくなるわ。この余韻は、クロ・レオも全くかないません。

少なくとも飲んで失敗ではありませんでした。痛いけど。凄いですねと感想を述べ、で、2015はどういう値段になっちゃうんでしょうと言ったら、「容赦なく高いでしょうね」。

2014年はボトル7万くらいだそうですが、9年・10年に比べればかなり下がっています。そして15年は無慈悲なことでしょう。払える人であれば、2014はお買い得かも知れませんよ。私は、買ってすぐ飲んで良いと思うし。
posted by harukuni at 20:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

都心に立派な石像発見

神社巡りではなく目黒の近くを歩いていたら、安楽寺というお寺の前で文化財の解説板を発見。読んでみたら庚申塔などの石碑群が有るとのこと。ワインの写真を撮るつもりでカメラを持っていたので、撮ろうと思って入りました。

お堂の裏に石碑が並んでいます。あ、板碑が有る!中々都心じゃ見ないな、と思いながら庚申塔を撮って廻りました。刻像塔で立派な物が2基あり、やはり目を引いたので多めに撮影。あれ?頭に馬の頭が乗ってるぞ?

区の解説によれば文化財は全部で8基、庚申塔5基、馬頭観音2基、題目供養塔1基となっています。題目供養塔が板碑かあ。これは馬頭観音かもな、と思って家に帰って写真を再確認しました。

20170511_01.jpg

20170511_02.jpg


三面六臂、第一の手(前面)は合掌し、右手には斧と剣、左手は上は独鈷かなあ、いずれにしても武器系統の法具ですが、このブロッコリーみたいな物は何かね。

調べてみるとやはり馬頭観音でした。精密とは言えさすがに表現が難しいですが、合掌した手は中指と小指を立てているそうで馬口印と言うそうです。持物には武器が多いのが特徴とのこと、かつ右手には蓮華の花を持つそうです。そうだったのか。
(以上、こちらのサイトから貴重な情報を頂きました)

そうなると延宝年間、一六七三〜八〇の造立になるのでかなり古い部類だと思います。

都内に馬頭観音は多数有りますが、私が見ている限り(多分500を越えてます)ほとんどが文字塔で、刻像塔はとても少ない。有っても座像が多くて立像は調べ直さないと判りませんがせいぜい5基とかだと思います。まさに安楽寺のように、寺院内に移されていると見ていない可能性も高いのですが。

馬頭観音探しはしていないので、私が知らないだけという可能性も高いのですが、こんな立派な像が目黒の近く(最寄り駅は不動前)にあるとは驚きました。住所は品川区です。

でも、馬頭観音には手を出さないようにしないといけない。いい加減収拾つかないので。(今は伊勢の八王子で盛り上がってます)
posted by harukuni at 22:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

東急古酒2017GW編〜長いおまけ

もう一つ書かねばならないことが有りました。印象的なラベルです。

まずこちら。ネックを見るとドゥーツと判りますがラベルは7割くらい消滅してます。でも最下部をよく見ると「BRUT 1982」の文字が!ネックと合わせて必要な情報は残っていたんです。

20170510_03.jpg

しかし。肝心の1982の文字の上に、亀裂が入っているの見えるでしょうか。既にこのときこの部分も砕けかけていたんです。
写真を撮ったあと、数名のお客さんが来てサービスしている内に、遂にはがれた!と思ったらほんのわずかな繊維でぶら下がり、蜘蛛の糸状態に。
コルクにも年号が入っていてはがれたらそちらで証明する気だった、とは師匠の話でした。

そしてもう一つ。1964のカロン・セギュールの、ネゴシアンラベルです。

20170510_01.jpg

普通ネゴシアンラベルの場合は、瓶詰めしたネゴシアンの共通ラベルになって、ワイン名だけが差し替えられています。ところがこのカロン・セギュール、元のラベルデザインにかなり近い。オリジナル、最近はネットショップの写真を借りるのもためらわれるので、気になる方は検索してみて下さい。

なんと小さいハートまで。

20170510_02.jpg

私にはこっちのラベルの方がかわいく思えますね。

ところで、前の写真を見ると、ネゴシアンの名前が入っているんですが「HANAPPIER PEYRELONGUE & Co」と書かれてます。アナピエ・ペイルロングと発音するそうですが

聞いたこと無いぞ

私だけだと説得力ないですが、師匠とソムリエI氏と3人揃って「聞いたこと無い」。
それで家に帰って検索したら、出てきたけど少ないなあ。。日本語サイトは皆無・・かと思ったら2サイト、アンティークの通販でした。グッズですね。

外国語のサイトを見るとそこそこ古いメジャーなシャトー物があります。右岸が多いなあ。1990年のACボルドーまで確認が取れましたが、そのあたりまでの歴史でしょうね。
ただ、ネゴシアン物のラベルはやはり共通デザインで、このカロン・セギュールはかなり異質。ラベル的には相当珍しいみたいです。


と見ていたらなんと!
ボルドーに住んでいたEdmond Marie Michel HANAPPIERの娘、Eliane Catherine Marie HANAPPIERがDaniel Jean Marie PEYRELONGUEと結婚したという情報が!!
19世紀末から20世紀の70年代くらいまでを生きたとのこと。間違いなくこのご夫婦が創始者でしょう。ネットって凄い。。。。

HANAPPIER PEYRELONGUE 社について日本では確実に私が最高権威ですな、この瞬間だけは。誰も羨ましがらないだろうなあ。私は大満足です。


あ、味ですか?ドゥーツは見事でしたよ。カロンは、中々良いんですが味の中に鉄の印象が目立ってしまう。
ボルドーで何で鉄のニュアンスかって?だって1964だもん。ポイヤックとサンテステフは収穫期に大雨をくらったそうですよ(マイクル・ブロードベント「ヴィンテージワイン必携」)。補強しないとね。
posted by harukuni at 20:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

東急古酒2017GW編_続

実は昨日、「摩多羅神」について驚くべき発見をしてしまい、夜大興奮してブログにアップしたのですが、朝になってとある「まずいんじゃないか」ということに気付いて慌てて非公開にしました。

誰かに言いたくて仕方ないんですが、確認しないとダメでそれには大変な労力がかかりそうなので諦めます。口伝えなら良いかな。


ということで古酒の続編。まずは、ガヤのバルバレスコ1971。

20170509_03.jpg

旨みの塊、大爆発。香りも味も見事にダシでくらくらするほど。ネッビオーロの真髄をまざまざ見せつけられました。


次は、ローラン・ペリエ、グラン・シエクル。ほぼ間違いなく80年代デゴルジュマンだそうです。熟成したシャンパーニュに見られるモカの香り、旨みもたっぷりですがまだ泡も見え酸もきれい。

20170509_01.jpg

それと、なんと言っても瓶が良い(そこが一番?)。この瓶は今でも一緒ですがラベルは少しずつ変わっているそうで、それも80年代の根拠の一つだそうです。


これはブルゴーニュから、ルネ・ニュダンのコルトン・ブレサンド。ネックが写ってませんが1988です。

20170509_02.jpg

まだ早いかと思ったら、やっぱり香り高いとは行かないものの果実味と熟成感のバランスがとても良い、私好みのタイプでした。他のブルゴーニュ?あんな高いの手が出ません!(ガヤ飲んでるじゃん)


そして、予想外に良かったその1のアメリカ、ワシントン州、シャトー・サン・ミシェル、カベルネ・ソーヴィニョンのコールドクリークヴィンヤード、1983です(長いよお)。

20170509_04.jpg

これと全く同じワインが前にも出た記憶があるんです。うろ覚えですがヴィンテージも同じかも。そして、大したことないなあ、という思い出でした。
それが、このボトルについてははるかに好印象で、1983なのにまだ若さを保っていて味わい深い。わずかに青い感じがするのも個人的に良い感じ。
師匠も「前のより全然良いですねえ」とおっしゃる。記憶は誤っていませんでした。アメリカのカベルネ、ワシントン州でも結果を出してます。


予想外に良かったその2はイタリア、ブルネロ・ディ・モンタルチーノ、コッレマットーネ、1990です。立ててありますね。まだ絶対若い。

20170509_05.jpg

若いんですがすごく良い飲み頃。果実味が横溢してますが柔らかく円熟し、果実の甘みと熟成の滑らかさがちょうど良い。絶賛しましたよ。こんなに美味しいブルネロは多分初めてです。元ブルネロのカーゼ・バッセは全く別方向でめちゃくちゃ美味しいけど。(値段は雲泥の差)


最後に中甘口と甘口。モーゼルのレナート・ファイト、「ゴールトトレプヒェン」シュペトレーゼ1996、それとソーテルヌ(正確にはバルサック)のシャトー・ド・ロラン1971です。
レナート・ファイトはまあ、まだ全然若いですなあ。ただ酸が落ち着いてきて円やかさが現れています。まさしく円熟のモーゼルに求める味でしょう(すごく若いのも別の味で美味しいけど)。

20170509_06.jpg

ド・ロランはソーテルヌのグレート・ヴィンテージ1971にしてはやっぱりあっさり目。その分軽快なタッチと言えて、快い、重すぎない甘みがあります。格付けの無いシャトーとしては大いに踏ん張っていると思います。
日本ではやっぱり人気の無いソーテルヌですがこういうフレッシュ感がある方が受けるかも知れません。お手頃価格だし。

他にも良いワインがいっぱい。今回は古酒ウィークの中でもかなりの当たり回だったと思いますね。私が飲めなかったブルゴーニュも聞いていると揃って大好評でしたし。
posted by harukuni at 20:32| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

東急古酒2017GW編

先週末の東急はGWおなじみの古酒ウィーク。初日は混んでいて、なぜか二日目は静かでしたけど途中から混みました。

今回は一つ残らず状態が良く、美味しかったそうです。全部なんか飲めないからね。でもかなり数を飲みましたが確かに美味しかった。アウトが無いというのも見事です(いつもは1本は状態ダメで下げられるんですけどね)。

その中でも取り上げたいのは、まずは以下3本。突出です。

一つ目は白で、ディディエ・ダグノーのプイィ・フュメ、シレックス1990。

20170505_03.jpg

これがシレックスなんですよ!!なんてだっさいラベルなんだ!麗しすぎる。
でもグラス9,200円って。。
飲んじゃいました。こういう味になるんだ、と感慨深し。でも味で言うと9,200円は高いな。ラベル込みで認めますが。褒めてない・・・
いや、あのダグノーがこういう味になるんだ、と言う経験として非常に貴重なんですよ。でもさ、美味しいかって言うと、やっぱり微妙かなあ。(知ってるんですよ、古いサンセールとかの味って)


次はおなじみ、ブルゴーニュのゴヌーです。って言ってフランソワの方。ミシェルもそれ程じゃないですが、フランソワはいよいよ有名じゃないですね。
しかしこれが良かったんですよ。ポマール、リュジアンの76年です。

20170505_02.jpg

香り高くはないですが、実に味わい深い。華々しくはないもののしっかりと出てくる旨み、カラメル系の熟成した甘みと香ばしさ。グラスに入れてしばらく時間をおくとどんどん開きます。とっても美味しい。

これが安かったんですよ。グラス2,500円くらい。他の高価なワインにコスパを加えて比べたらダントツです。ポマールは日本では人気が無いですが、だから「賢い消費者」にはチャンスでしょう。

そして、ボルドー。今回の白眉です。フィジャック70年。グレート・ヴィンテージです。
美味しすぎてうなっていたら、賛同者が現れて、2人でうなると他の人も気になる。で、皆さん飲んでびっくり状態で、なんと2日目にもう売り切れていました。最近ボルドーでそんなの無い。もちろん師匠もソムリエI氏も大絶賛だったし。

20170505_01.jpg

清らかと言う言葉がぴったりくる。まだ若さも残りながら透明感が現れていて、もちろん熟成感がありますがそれだけではない「果実」の味わいが見事。熟成したワインの果実味なんですよ。本当にきれいでした。

個人的にはほんのり香る青さ、杉のような風味が見事すぎて完璧なんですが、やっぱりネガティブな意味で青さと取る方も居ました。その方が「美味しい、香りと味の印象が違う」と褒めていたので、私はぴったりの印象だったんですが、それはおいといて素晴らしいワインだった。70年というヴィンテージの良さが如実に表れていましたね。

他にも見事があったので、感想を続けますか。
posted by harukuni at 21:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする